logo

“イチロー選手へ届け!”みんなで応援しつづけよう『ICHIROサポートプロジェクト』を始動!

株式会社ワコール 2016年08月08日 10時30分
From PR TIMES

株式会社ワコールは、2002年からアドバイザリー契約を結んでいるメジャーリーガーイチロー選手のメジャー通算3000本安打達成を記念した特別企画『ICHIROサポートプロジェクト』を実施します。イチロー選手への応援メッセージを2016年8月31日(水)まで募集!



■“イチロー選手へ届け!”みんなで応援しつづけよう『ICHIROサポートプロジェクト』

数々の記録を達成するイチロー選手の活躍に、世界中で歓声が湧き上がり、世界中の人たちがイチロー選手に賞賛の声を贈っています。これからも歩み続けるイチロー選手を、みなさんと一緒に応援し続けたい!そんな想いから、この特別企画をスタートします。“コンディショニング”を常に万全にされることをこころがけるイチロー選手は、試合時はもちろん、試合前のトレーニングから、試合後のクールダウン、遠征時の移動中、オフのトレーニングまで、コンディションをととのえるために様々なシチュエーションで、「CW-X」を使われています。そこで今回、“身に、纏う、想い”をテーマに、イチロー選手のコンディショニングをサポートする「CW-X」にみなさんからのメッセージをデザインした“世界にひとつだけの「CW-X」”を製作し、イチロー選手へプレゼントします。
これからも歩みをつづけるイチロー選手を、みなさんも一心同体となってサポートしましょう!

◆応援メッセージ募集について
「Twitter投稿で応募」「専用WEBサイトで応募」のいずれかにて、応援メッセージを募集します。応援メッセージ受付は、2016年8月31日(水)までとさせていただきます。

「Twitter投稿で応募」
CW-X公式の各SNSアカウントを事前にフォローした上で、ハッシュタグ「#イチローへ届け」をつけて、メッセージを投稿してください。
・CW-X公式<Twitter> リンク

「WEBサイトで応募」
CW-X公式WEBサイト内の応募専用ページより、メッセージを投稿ください。
・応募専用ページ リンク

◆応援メッセージ入り「CW-X」について
投稿いただいた応援メッセージを、イチロー選手が日々使用されている「CW-X」のコンディショニングアイテムにデザインした特別商品を製作し、ご本人にお渡しします。特別商品の開発レポートも、随時特設サイトにてご紹介していきます。
・CW-X イチロー選手特集 リンク


■「CW-X」ブランドの主な契約選手について
「CW-X」ブランドは、世界で活躍するメジャーリーガーイチロー選手、田中将大投手、レジェンドと評されるプロゴルファー・青木功氏といったトップアスリートとアドバイザリー契約を結んでいます。また、「CW-X」ブランド は、Jリーグの京都サンガFCのユニフォームサプライヤーでもあります。

■「CW-X」WEBサイト
リンク


ICHIRO WITH CW-X
~もうひとつのユニフォーム~
リンク

[動画: リンク ]

(イチロー選手からのメッセージ)
コンディショニングを常に万全にしてけがや故障を防ぐことは、自分を超えて成長しつづけるための第一歩だと思います。カラダを気づかい、「コンディショニングウェアが必要だ」と感じている人にとって、CW-Xはベストな選択の一つだと思います。僕のプレーにとって、重要な部位は、上半身は肩甲骨、下半身は股関節から骨盤まわり。つまりカラダの要が安定していることが大切です。そういう意味で、CW-Xは僕のカラダに合っています。CW-Xを着用するということは万全の態勢で臨むということ。それくらい、CW-Xは僕にとってかけがえのないものなんです。CW-Xは、ユニフォームが変わっても変わることのない、「もうひとつのユニフォーム」になっています。

~イチロー選手とCW-Xの軌跡~
リンク
[画像1: リンク ]


1999年秋。
移動距離や試合数など、日本のプロ野球リーグ以上に過酷だと言われているメジャーリーグ行きを決意したイチロー選手は、シーズンを戦い抜くためにさまざまなメーカーの機能性ウェアを試され、その中から気に入ってトレーニングや試合で着用されていたのが、CW-Xだったそうです。そんな時、メジャー行きを報じる新聞に、CW-Xのエキスパート モデルのハーフ丈にTシャツ姿のイチロー選手の写真が載ったのです。私たちは大変驚きました。なぜなら、当時から多くのプロ野球選手がCW-Xを愛用されていましたが、CW-X姿でマスコミの前に出た選手はいなかったからです(スポンサーなどの関係もあったのだと思いますが)。現在はCW-Xの広告を飾るイチロー選手ですが、実は契約前から、CW-Xは「自ら選び愛用していた」ブランドだったのでした。

2000年。
アメリカのアリゾナで行われたオープン戦。打席に立つイチロー選手は、ユニフォームの下にエキスパート モデルのハーフ丈とカーフ&アンクル(足首・ふくらはぎ用)というCW-Xコーディネイトでした。イチロー選手のメジャーの歴史はCW-Xとともにはじまったのです。今でも、試合時はもちろん、試合前のトレーニングから、試合後のクールダウン、遠征時の移動中、オフのトレーニングまで、コンディションをととのえるためにさまざまなシチュエーションで、CW-Xを使っていただいています。

2001年。
当時開発中だったパフォーマンスアップ モデルというショート丈の試作品を試着していただきました。はいた瞬間に顔つきが変わり、「これは股関節の上に骨盤が乗っている感覚が分かりますね」とカラダとのフィーリングのよさを体感していただき、「このまま、はいていていいですか?」と、着用したまま帰られたのが印象的でした。

2002年。
CW-Xは正式にイチロー選手とアドバイザリー契約を結びました。本当に気に入った物しか身につけないという、こだわりを持つイチロー選手は、CW-Xのよき理解者であるとともに、長年の愛用者です。イチロー選手のプレーのひとつひとつを支え、数々の記録が生まれた現場にCW-Xが存在できたこと、そしてこれからもイチロー選手とともに歩みつづけられることが、私たちにとって何にも代えがたい体験であり、誇りです。

~イチロー選手のカラダ~
リンク
[画像2: リンク ]

2002年の契約以来、イチロー選手の体型計測を行っています。2012年からは、ワコール人間科学研究所の協力のもと3次元計測も実施。3次元計測の結果は人間科学研究所の研究員が分析し、1年間にどのような変化があったのかをご本人に後日お伝えしています。またイチロー選手の体型模型を3Dプリンターで出力し、立体的に体型がわかるようにしています。

イチロー選手の体型に合った商品を作るために
イチロー選手は正面から見た時の印象と横から見た時の印象がかなり異なります。それは、ヒップ・ふとももの後ろの筋肉が非常に発達しているためです。そんなイチロー選手のカラダにフィットしたオリジナルの商品を作っています。

コンディショニングに生かすために
体型計測により体型変化、姿勢変化を視覚的に捉えることができます。イチロー選手は自分のカラダを客観的に見ることで「カラダのクセ」などを発見し、日々のトレーニングに生かされているようです。2012年以降、毎年行っている3次元計測にて、姿勢が明らかに異なる年がありました。そのことにイチロー選手はすぐに気付かれました。イチロー選手が長く活躍されている要因の一つとして、自分のカラダと向き合っていることがあげられるかもしれません。

another story
今年のイチロー選手は胸まわり・おしりまわりのサイズが近年5年間の中で最も大きいことが分かっています。肩甲骨まわり、骨盤まわりは力を生み出す部位です。この部位が42歳を向かえる今でもなお発達していることは、加齢変化という観点では驚きであり、それが高いパフォーマンスを維持している要因になっていると私たちは考えています。


~イチロー選手 CW-X愛用商品~
リンク

■BCO001 CW-X パーツ 股関節用(ガード)
[画像3: リンク ]

CW-Xとイチロー選手がアドバイザリー契約を結ぶ前の2001年から愛用。当時の商品名は、パフォーマンスアップモデル(ショート)。その後、プロモデル(ショート)に改名し、2014年より改良版の現在のCW-X パーツ 股関節用(ガード)に。2014年より全試合時に着用していただいています。
another story
テレビなどでイチロー選手のCMをみなさん目にされたことがあるかと思います。運動シーンの撮影では常に試合時と同じ、CW-X パーツ 股関節用(ガード)を必ず着用されています。あるCM撮影前の着用商品チェックで、プロショートがないことに関係者が気づき、「プロショートがなければ撮影は延期になるかもしれない!」と大慌て。CW-Xのイチロー選手担当はその話を聞き、それほどこの商品を大切にしてくれているのだと、さらに気が引き締まる思いだったとのことです。※当時試合時に着用されていたのは、プロ モデル(ショート)。


■HZO659 ジェネレーターモデル レボリューションタイプ

[画像4: リンク ]


試合だけでなくトレーニング時にも、常にCW-Xのスポーツタイツを着用されています。 基本的には、ひざ上、寒いときにはひざ下や足首までの長さがお好みのようです。 毎年、日本に帰国された際には、気持ちを盛り上げて自主トレに取り組んでほしいという思いを込めて、その年のオリジナル商品をお渡ししています。
※2015年11月からは新製品であるジェネレーターモデル レボリューションタイプを着用。
another story
「感覚が鋭い」と言われるイチロー選手には、スタビライクス モデルからジェネレーター モデルに変わっていることは伝えず「2015年オフシーズン用の商品です。」と手渡しました。着替えてグラウンドに出てこられたイチロー選手から開口一番「新しくなったんですね。すごく動きやすい」とのお言葉をいただき、あらためてイチロー選手の商品に対する意識の高さや感覚の鋭さを思い知らされました。


■JAO002 ジュウリュウトップ(レボリューションタイプ)
[画像5: リンク ]

イチロー選手がコンディショニングの上で大切にしているのが骨盤・股関節と肩甲骨です。CW-Xの2012年シーズンビジュアル撮影時に初めてイチロー選手の体型に合わせジュウリュウトップを着用していただきました。「すごく気持ちいいですね。自主トレ用に用意できますか?」と言われ、それ以来トレーニング時にはジュウリュウトップを着用されています。自主トレ時にジュウリュウトップの何が良いのかを伺ったところ「腕が動かしやすい。」と即答されました。肩甲骨の動きを大切にされているイチロー選手からのこのお言葉はジュウリュウトップのコンセプト通りで本当にうれしい感想でした。


■BCO006 CW-X パーツ ふくらはぎ用(プレミアム)

[画像6: リンク ]


2015年のシーズン中に「移動がハードなのでふくらはぎをサポートする商品を用意してほしい」とのリクエストがあり、オリジナルのCW-X パーツのふくらはぎ用をご用意したところ、とても気に入っていただきました。今シーズンも飛行機移動の際にCW-X パーツふくらはぎ用を着用し、コンディションの維持に役立てられているそうです。※イチロー選手には、ジェネレーターモデル レボリューションタイプの素材でご用意。


■BCR610 CW-X パーツ 5本指ソックス(ショートタイプ)

[画像7: リンク ]


イチロー選手は運動時に、5本指ソックスを着用されます。2012年の撮影で、CW-Xパーツ5本指ソックスをはじめて着用していただきました。イチロー選手は良いと感じられた商品ついて「気持ちいい」という表現をよくされます。このソックスについても同様でした。イチロー選手は足裏の感覚を非常に大切にされます。CW-Xパーツ5本指ソックス(ショートタイプ)には熊手状のラインが足裏にほどこしてあり、これが足の動きをサポートします。足と言えばシューズばかりが注目されますが、CW-Xパーツ5本指ソックス(ショートタイプ)はイチロー選手の足をサポートする隠れた逸品です。



プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事