logo

麻雀の最強を決める賞金総額1000万円の競技会 47225人の参加者から日本一が決定

プロとアマの混合試合で麻雀の日本一を決定する競技会「第4回全国麻雀選手権」の優勝者が決定したことを、主催する株式会社シグナルトークが発表しました。



[画像1: リンク ]


株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文/所在地:東京都大田区)が主催する、プロとアマを合わせた麻雀の日本一を決定する競技会である「第4回全国麻雀選手権」の優勝者が決定しました。

47,225名という麻雀界最大の本大会を制したのは大阪府から参加された「大西秀明さん」。最終戦では一度、準優勝となった倉橋さんにまくられるものの、親の倍満をツモって総合トップに再浮上。その後は危なげない展開で見事に優勝し、賞金の500万円を獲得しました。準優勝は「倉橋孝幸さん」、3位「小泉庄平さん」、4位「渋谷克久さん」でした。ファイナルの対局動画は、オンライン麻雀「Maru-Jan」公式サイト内で8月10日(水)以降に視聴可能です。

[画像2: リンク ]


また、4回目を迎えた今大会では、大会中に週刊少年マガジンに連載されていた「無敵の人」とのタイアップが実現し、ファイナリストに作者直筆のサイン入りコミックスがプレゼントされた他、新設された「友達部門」からは2人がファイナルに出場するなど、新たな盛り上がりが見られました。


■■全国麻雀選手権概要
●大会名称 :第4回全国麻雀選手権
●公式ページ:リンク
●主催   :株式会社シグナルトーク
●後援   :SANSPO.COM、iza、zakzak、SankeiBiz
●協力   :週刊少年マガジン、auスマートパス、ビッグローブ株式会社、他
●タイアップ:週刊少年マガジン「無敵の人」や女流麻雀プロ音楽ユニット「More」とタイアップ
●日程   :予選 4月7日~6月30日 オンライン麻雀 Maru-Jan(ネット対局)
       準決勝 7月24日 都内麻雀店(全自動卓でのリアル対局)
       ファイナル 8月7日 都内スタジオ(全自動卓でのリアル対局)
●参加資格 :満18歳以上の日本国籍を有する者
●賞金   :総額1000万円(優勝500万円)
●参加方法 :Maru-Jan公式サイト内の大会公式ページから参加登録。
       参加費・登録費無料。
●一般部門 :Maru-Janを起動してログインして申込み。
       一般部門詳細:リンク
●友達部門 :3人以上で一次予選を行い、集合写真を公式ページから投稿して申込み。
       友達部門詳細:リンク
●社会貢献:◆熊本復興支援チャリティ
       熊本地震にて損壊のあった「からし蓮根」の製造会社から商品を購入し、
       友達部門の参加者全員にプレゼントされました。
      ◆麻雀牌寄贈チャリティ
       参加者数×10円を積立金として、麻雀牌とマットのセットを購入し、
       日本高齢者生活協同組合連合会の運営施設などに寄贈されます。


■■オンライン麻雀 Maru-Janについて
【概要】
サービス開始から12年を迎えた、会員数90万人を超えるネット対戦型オンライン麻雀ゲームです。
和の高級感を追求した、1ゲーム毎に課金の完全有料サービスです。
Windows・iOS・Androidから、プレイやイベント参加が可能です。

【特色】
「丸雀プロリーグ」をはじめ、曜日別・週間・月間・長期など多彩なイベントに参加できます。
2016年4月1日から「称号システム」が導入されました。
四人麻雀・三人麻雀・東風戦・東南戦など、ルールに応じた詳細な個人成績を確認できます。

Maru-Jan公式ホームページ:リンク


■■株式会社シグナルトークについて
【概要】
オンライン麻雀 Maru-Janの運営、全国麻雀選手権の主催のほか、世界初、健康への効果をスコア化するアプリ「+Try」や、パソコンで手軽に脳の認知機能を測定できるサービス「脳測」やオンライン将棋「遊び処 ふくろふ」などを展開しています。

社名:株式会社シグナルトーク
公式ホームページ:リンク
所在地:東京都大田区蒲田5-8-7 蒲田K-1ビル8F
代表取締役:栢 孝文(かや たかふみ)
事業内容:オンラインゲームの開発、運営、販売等
問合せ先:webmaster@signaltalk.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事