logo

消費者の要望で企業を変えられるか!? 率直な要望を投げかけてみよう!!「マクドナルドさん、もっとこうならいいな」を投稿するキャンペーンを開始

株式会社Conjenik 2016年08月05日 14時18分
From PR TIMES

マクドナルド復活に向けてみんなの率直な要望を投稿しよう! by 要望投稿サービス「ReQ!(リク)」

モノ・サービスに対する要望投稿サイト『ReQ!(リク)』は、復活に向け奮闘中の国民的ファストフード、マクドナルドへエールを送るべく、”「マクドナルドさん、もっとこうならいいな!」を届けようキャンペーン!”を実施いたします。



[画像1: リンク ]

【「マクドナルドさん、もっとこうならいいな!」を届けようキャンペーン 実施概要】
このキャンペーンでは、一般の消費者に、私たちみんなが大好きなマクドナルドに対する「もっとこうならいいな」という要望や改善につながる意見を自由に率直に投稿いただきます。
そして、キャンペーン終了後に、全ての投稿を運営会社が投稿者に代わって実際にマクドナルドに届け、その様子をサイト上でご報告いたします。

●キャンペーン概要
 期間:2016年8月5日~8月31日
 キャンペーンサイトURL:リンク
 運営者:モノ・サービスに対する要望投稿サイト『ReQ!(リク)』(リンク
[画像2: リンク ]


*ReQ!とは
『ReQ!』は、商品・サービスを利用した時に感じた「こうならいいな」「こうなってほしい」というリクエスト(要望)を投稿して、ユーザー同士で賛同・コメントするWEBサービスです。集まった投稿・賛同・コメントは、運営者がユーザーに代わって企業に届けます(一定基準を満たす投稿を対象とします)。


●キャンペーンの目的
2014年の一連の問題から一時は客離れが進んでしまい、業績回復途上にあるマクドナルド。
様々なバッシングも受けてしまいましたが、長い間にわたって私達の生活と共にあり、誰もが利用したことがあり、思い出もあり、お世話になった、みんなに愛される国民的ファストフードです。

そんな、なんだかんだとみんな大好きなマクドナルドに対し、以前のような素敵な姿を取り戻してもらうために、一般の消費者であるわたしたちみんなから、「もっとこんな商品がいいな」「もっとサービスがこうならいいのに」といった、マクドナルドはこうすればもっと良くなるのでは?という要望やアイデアを広く集め、実際にマクドナルドに届けてみよう!というキャンペーン企画です。

消費者みんなで様々な要望、率直な要望を投げかけて、マクドナルドに消費者の率直な気持ちを知ってもらい、より良い商品・サービスを実現してもらいましょう!

●このキャンペーンの特徴
このキャンペーンは、以下の特徴があります。

・商品やサービスについての要望を幅広く募集します。
−商品やサービスについてどんなことでも、「もっとこうならいいな」という要望を投稿いただきます。
−匿名で投稿できるので、ふだん直接言いにくいこと、率直な思い切った要望も、気軽に投稿いただけます。

・共感できる要望に「そう思う!」ボタンで賛同でき、意見集約ができます。
−「それ私も思ってた!」「それいいかも!」という投稿に賛同したりコメントしたりできます。
−一人で言っても心もとない要望も、みんなで賛同することで、より強い意見として届けられます。
−賛同により、多くの人が感じる要望として意見集約され、「みんなの総意」が形成されていきます。

・集まった要望をマクドナルドにお届けします。
−要望投稿は、それに対するコメントや賛同数とともに、運営者がマクドナルドに実際に届けに行きます。
−マクドナルドに要望を届けた際の様子等は、サイト上でみなさまにご報告いたします。

・非公式の第三者によるニュートラルな運営
−このキャンペーンは完全に非公式で、マクドナルドとは一切関係のない運営者が行います。
−第三者ならではの立場で、関係当事者からの影響の及ばない率直な投稿を、オープンな場で集めます。

消費者側による発信の、ニュートラルでオープンな場で、率直な要望投稿や賛同・コメントをみんなで共有し合いながら、マクドナルドに届けようという!というキャンペーンです。


●キャンペーン企画の背景
誰もが気軽にネットに投稿ができるようになり、消費者からの要望をヒントに企業が変わって行く時代が始まりつつあります。
株式会社Conjenikでは、
「一般の消費者からの要望・アイデアに、企業はもっと耳を傾けてくれるようにならないだろうか??」
「消費者みんなからの要望・アイデアが商品・サービスの発展に役立てられたら、消費者もうれしいし楽しいはず!」
という思いから、社会実験的に「消費者から要望を企業に投げかけて、企業に活かしてもらおう、変わってもらおう!」という動きを引き起こして行きたいと考えています。

実際に消費者が商品やサービスにどのような感想を持っているか、特に「もっとこうならいいのに」といった要望は、消費者の口からあまり発せられることなく、埋もれてしまい、企業側に伝わっていないことがたくさんあります。

そんな中、我らがマクドナルドが消費者の心から離れてしまいかけている…という状況に、ぜひ以前のようなマクドナルドに復活していただくため、消費者の改善要望やアイデアを広く集め、届けることで、消費者の生の声からヒントを掴んでいただき、新たな素敵なマクドナルドに生まれ変わっていただけたらという願いを込めて、このキャンペーンを実施することといたしました。

消費者の率直な意見は企業に届き、取り入れられるのか…?
みなさまのマクドナルドに向けた愛のある投稿を、お待ちしております。


※このキャンペーンは、日本マクドナルド株式会社、日本マクドナルドホールディングス株式会社、その他マクドナルドの関連当事者とは一切関係のない、株式会社ConjenikのReQ!運営事務局が行います。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。