logo

株式会社VESPER、国内初!中華人民共和国(中国)を中心に拡大している電子決済サービス3社に対応した「nihao pay」との連携開始に合意

株式会社VESPER 2016年08月05日 13時30分
From PR TIMES

『TableCheck カード決済』が、急増する訪日中国人観光客の需要にいち早く対応する レストランのマネジメントを強化

インバウンド施策の一環として、訪日中国人の利便性向上、レストラン予約拡大に貢献



 日本発・グローバルスタンダードを指向する飲食店・レストラン向けトータル管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」を展開する株式会社VESPER(本社:東京都中央区、代表取締役:谷口 優、以下:VESPER)はレストラン予約管理システムとして国内で初めて、Aurfy Japan(アルフィージャパン)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:隰 欣、以下Aurfy Japan)が提供する越境決済―ビス「nihao pay(ニーハオペイ)」との連携を、今秋を目途に開始することに合意しました。

 日本政府観光局(JNTO)の報道発表資料(※1)によると、2015年通年の訪日中国人数が前年比107.3%増の499万人に達しました。また、経済産業省の発表(※2)によると、中国のインターネットショッピング市場規模(2014年度)は4,263億USドル(約46兆5,000億円)に到達しており、「銀聯」「支付宝」「微信」での決済が電子決済市場の8割(※3)を占め、今後さらなる拡大が予想されます。

 「TableSolution」が現在利用可能なVISA、Master、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERS CLUBの5大ブランドに加え、中国を代表する電子決済サービス「銀聯」「支付宝」「微信」の3社を包括的に取り扱う「nihao pay」と連携することにより、「TableSolution」の機能の一つである『TableCheck カード決済』を導入したレストランは上記サービスでの電子決済を行うことが可能となり、急増する訪日中国人の需要に対し、適切なサービスを提供いたします。また、「nihao pay」を利用することにより、「銀聯」「支付宝」「微信」の対面決済と非対面決済を包括的にすることが可能となり、店舗への入金は日本円に換算した上で行われるため、外貨換算も不要となります。

 百貨店や家電店がいち早く電子マネーや電子決算サービスを導入し、訪日中国人観光客の消費を取り込んだことに対し、飲食店はやや遅れをとっていましたが、本提携によって『TableCheck カード決済』が国内で初めて、飲食店のインバウンド対策のためのシステムとなります。今後は、日中両国の関係性の発展と市場の活性化を目指しながら、加盟店の売り上げ拡大を支援していく予定です。

 「TableSolution」は、飲食店・レストランの予約や顧客情報をパソコン、タブレットなどオールデバイスで一元管理できる飲食店向けクラウド型トータル管理システムです。これまでも業界のイノベーターとして、予約サイトの予約自動集約や複数メーカーとの連携による『POSシステム連携』、昨今飲食店・レストランで大きな課題となっている直前キャンセルやノーショーに対して、クレジットカードでの事前決済やデポジット決済、キャンセル時決済を可能にすることで、キャンセルの抑止や損失回避を実現できるクレジットカード決済機能『TableCheck カード決済』など業界初となる機能や付加価値を提供してまいりました。
 また、「TableSolution」は、8か国語対応によって、インバウンド向けニーズにもお応えし、世界中で展開する大手グローバルホテルグループにおいて、日本発のレストラン管理システムとして唯一採用されるなど、最も厳しい水準を要する一流レストラン・企業への導入実績では他社と一線を画しております。
[画像1: リンク ]


※1:出典 訪日外客数(2015 年 12 月および年間推計値) 
 リンク
※2:出典 経済産業省「平成26年度 我が国経済社会の情報化・サービス化に関わる基盤整備」P73より
 リンク
※3:出典 nihao pay 調べ  
 リンク


 VESPERは、レストランとレストラン利用者に新しいスタンダードを提案し続けることで、ありそうでなかった「できたらいいな」を実現し、2020年までに「TableSolution」の導入実績を2万店舗に拡大していくことを目指してまいります。

■「TableSolution」について
 リンク

「TableSolution」は、予約・顧客・ネット予約管理やPOSデータ連携による顧客分析をパソコンやタブレットなどオールデバイスで一元管理できる飲食店向けクラウド型トータル管理システムです。
 大手ホテルグループや星付きレストラン、アミューズメントパークなど、一流のおもてなしを提供するレストランから最も優れたサービスとして評価され、繁盛店や人気店での採用実績として年々シェアを拡大し続けています。システムを通じて、レストラン業界の効率化と生産性向上をお手伝いします。

・ 予約サイトの予約データ自動集約
・ 自社サイトからのネット予約24時間受付
・ 姉妹店への自動誘導機能(系列サジェスト)
・ 電話連動(CTI)機能
・ 電話自動応答(自動予約受付)機能
・ POSデータ連携
・ クレジットカード決済
・ 多言語対応(8か国語)
   ※日本語、英語、中国語(繁・簡)、韓国語、フランス語、 ドイツ語、スペイン語、イタリア語
・ その他

■「TableSolution」のクレジットカード決済機能『TableCheckカード決済』について
名称:クレジットカード決済機能『TableCheckカード決済』
価格(※4):10,000円(税抜)~/月(1店舗)
       決済手数料率:2.7%~
       データ処理料(※5):10円(税抜)/件
[画像2: リンク ]


※4 カード加盟店契約により異なりますので担当営業までお問い合わせください。
直接契約:カード会社と既に契約をお持ちの場合や、直接契約を締結される場合
包括契約:VESPERが代行して各ブランドの契約を提供する場合いずれのパターンにも対応可能です。
※5 与信、売上、返金などの処理ごとにかかる費用。

『TableCheckカード決済』導入のメリット
・ キャンセルポリシーに基づくキャンセル料やノーショー(予約客が連絡もなく現れない)チャージを課金でき、損失回避が可能。
・ 団体予約やワイン会などの貸切イベント、クリスマスシーズンの予約など特定条件で事前決済・課金を必須にできる。
・ 任意に事前決済したお客様向けに特典を設定し、事前決済と来店促進を図りつつ、同時にキャンセルの抑止・減少を実現。
・ 事後決済により、お客様は財布を取り出す必要すらないスマートなチェックアウトを実現。(近日リリース予定)

■「Aurfy Japan」について
 リンク

Aurfy Japan(アルフィージャパン)株式会社は「日本の決済代行会社様のマーチャント様を中国市場に繋ぎ、決済・物流・プロモーションのトータルサポート」を目的として、日本における「銀聯」「支付宝」「微信」決済処理サービスの提供および付帯する一切のサービスを提供しています。

社名 :Aurfy Japan株式会社
代表者  :代表取締役  隰 欣 (シュウ キン)
所在地 :東京都千代田区麹町1-3-23 501
設立日  :2014年05月01日
事業内容 :「銀聯」「支付宝」「微信」決済処理サービスの提供および付帯する一切のサービス

■「nihaopay」について
 リンク
中国国内3大電子決済サービスである「銀聯」「支付宝」「微信」のオンライン・オフライン決済をまとめてご提供するサービスです。

■株式会社VESPERについて
株式会社VESPER(ベスパー)は、「最高のレストラン体験を実現する情報を集め、届ける」ことを目的として、日本発、世界を代表するサービス「TableSolution」の開発、運営をしています。社内共通語は英語、世界各国から優秀なメンバーが集まり(2016年1月12日現在、14か国)、業界のイノベーターとしてマーケットをリードしています。世界中に展開する大手グローバルホテルチェーンを筆頭に、厳しい水準と高い信頼性を求める一流レストラン・飲食企業を取引先として抱え、日本国内にとどまらない事業展開を目指します。

社名 :株式会社VESPER
代表者  :代表取締役  谷口 優(たにぐち ゆう)
所在地 :東京都中央区銀座2-14-5 第27中央ビル 4F
設立日  :2011年3月11日
資本金 :321,518,110円(資本準備金を含む)
事業内容 :レストラン・飲食店の予約・顧客管理、ネット予約の一元管理・在庫管理、集客ソリューションなどトータルマネジメントを実現するクラウドサービス「TableSolution」の開発・提供。
URL :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。