logo

~もしもの地震から、子どもの身の安全を守る~「こどもちゃれんじ」と熊本在住の人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」が防災活動で協力‐防災動画をYouTubeにて同時公開-

株式会社ベネッセホールディングス 2016年08月05日 13時00分
From PR TIMES



 株式会社ベネッセホールディングスの子会社である株式会社ベネッセコーポレーションの提供する、幼児の教育・生活支援ブランド「こどもちゃれんじ」と、人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」は、地震から子どもの身を守る啓発活動の一環として、YouTube上に防災動画を同時公開します。
「こどもちゃれんじ」は、東日本大震災をきっかけに、子どもたちが災害時に、自分自身を守るための正しい知識をわかりやすく身につけられるように、復興支援チャリティー絵本「じしんのときのおやくそく」を制作しました。その後2016年に「じしんのときのおやくそく」は、公益財団法人「ベネッセこども基金」を通じて紙芝居として再構成され、全国の幼稚園・保育園に無償提供されました。
 今回YouTubeにて公開する動画版「じしんのときのおやくそく」は、今年3月、テレビ東京系列等で放送中のテレビ番組「しまじろう の わお!」で放送したもので、放送直後から視聴者より大きな反響がありました。また、「こどもちゃれんじ」を通じて以前から親交のある、熊本在住の人気YouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」は、4月に発生した熊本地震を被災された経験から、このたび「じしんのときのおやくそく」をベースにしたオリジナルYouTube動画を制作・公開くださる運びとなりました。視聴回数28億回の記録を持つYouTuber「Kan & Aki’s CHANNEL」の視聴者層には、未就学児童とその保護者層が多くいらっしゃることから、一人でも多くの子どもが「じしんのときのおやくそく」を通じて、もしもの地震の時に、自らの身の安全を守る行動に移していただけることを目指しています。

「こどもちゃれんじ」では、YouTubeという身近なメディアを通じて、この夏休みに地震が起きたらどうするかを親子で確認するきっかけにしてほしいと考えています。

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]




「じしんのときのおやくそく」YouTube動画について


[表: リンク ]



「Kan & Aki’s CHANNEL」について
■YouTubeチャンネル「Kan & Aki’s CHANNEL」アカウントで登録者数123万人、視聴回数28億回、熊本在住のYouTuber。3姉妹かんな、あきら、あさひと末っ子長男ぎんたが登場し、おもちゃの紹介やおでかけなど様々な動画を公開中。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。