logo

“国内最大級”の初年次教育『自己発見と大学生活』成果を発表

京都産業大学 2016年08月05日 13時01分
From 共同通信PRワイヤー

2016月8月5日

京都産業大学 リンク

“国内最大級”の初年次教育『自己発見と大学生活』成果を発表

京都産業大学は全学を対象に、学内での「学び」と学外での「実践」を積み重ねるキャリア教育を、他大学に先駆けて教職学協働で取り組んでいます。1年次対象の「自己発見と大学生活」は、大学環境を「アウェイ(新たな環境)からホーム(安心して自分から周囲に働きかけられる場・自己表現し合える場)」に変える力の醸成を目的とし、新入生が大学環境に馴染み、大学生活の目標を持って主体的に学べるようにサポートする科目です。全8学部横断型のキャリア形成支援教育科目として、“国内最大級”の規模で開講しており、毎年全学部から2000人以上、全新入生の7割が受講し、28クラスに分かれて活動しています。

この度、授業の成果報告として「ポスターセッション」を実施しました。今年度は『京都産業大学の愉しみ方~新入生にオススメしたい学び方、過ごし方とその理由~』というテーマの下、各クラスが13グループに分かれてポスターを作成し、クラスの代表となる優秀ポスターを決定しました。
その優秀ポスター(全28枚)は、一定期間学内に展示され、観覧者による投票の結果、最優秀ポスターは「快適なトイレに関する調査」に決定しました。

本科目の特長は、文理が融合した全8学部混合のクラス編成である点と、受講生を主役としたグループワーク中心の参加型授業形態にあります。授業の中で他学部学生と交流の機会が持てるのは、一拠点総合大学である本学の大きなメリットと言えます。他学部の学生の多様な価値観や考え方に触れることで、学生個々の価値観が広がることが期待されます。また、グループワーク等のアクティブ・ラーニングを体験する中で、様々なコミュニケーションスタイルを学び、そのスキルを身につけることもできます。

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。