logo

クロスキャットが「DB仮想化サービス」の提供を開始 ~企業の経営資産としてデータベース活用!~

株式会社クロスキャット 2016年08月05日 10時00分
From DreamNews

株式会社クロスキャット(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 貴功)は、企業内に散在するデータを仮想化技術により統合し、あらゆるアプリケーションやユーザーが必要なデータを即時に使うことができる「DB仮想化サービス」の提供を8月8日より開始します。

昨今はビジネススピードが速く物理的にデータを統合していたのでは、そのスピードに追い付きません。組織ごとに管理されたデータや環境の違いで共有できないデータを物理的に統合する場合、データ量が多いほど大量のプログラム開発が必要となり、工期の長期化やコスト増が問題になります。
クロスキャットは、レッドハット株式会社(日本法人本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:望月 弘一)が提供するデータ仮想化技術「Red Hat JBoss Data Virtualization」とクロスキャットが保有するデータウェアハウス、ビジネスインテリジェンス構築ノウハウを融合させ、DB仮想化フレームワーク「Data Virtualization Framework」を作成しました。

同フレームワークを使った「DB仮想化サービス」を利用すると当社経験値では、データの物理統合する場合にかかる約6ヶ月の工期が平均約2ヶ月程度に短縮でき、コストも約50%削減することが可能となります。

-----------------------------------------------------------------------------------------

◆主なサービス内容 (診断から導入、保守までを一貫サポート)

 ・データ活用状況診断
 ・データ統合改善施策とと改善効果の提示
 ・データ統合改善施策適用
 ・保守運用

 ●こんな課題に効果的
 
  <情報システム部門>
   ・異なる製品の社内システムを統合したいが、人もお金も注ぎ込めない
   ・新たにBI製品を導入したいが、データソースが多様で統合負荷が大きい
   ・BI製品から基幹システムの情報を参照しているが、セキュリティリスクが高い
  <業務部門>
   ・見たいデータがすぐに見られない、社内にどのようなデータがあるのかわからない
   ・ビッグデータ活用が進まず市場への対応が遅れがち
   ・IT部門の支援が受けられない、セルフサービスBIを導入したいが思いきれない

-----------------------------------------------------------------------------------------

<レッドハット社からのエンドースメント >

レッドハットは、クロスキャットの「DB 仮想化サービス」の提供に賛同します。
クロスキャットが保有するビジネスインテリジェンス構築ノウハウと「Red Hat JBoss Data Virtualization」を
融合させたDB 仮想化フレームワーク「DataVirtualization Framework」により、企業に散在する複数データベースを短期間かつ低コストで統合することが可能となります。
(レッドハット株式会社 代表取締役社長 望月 弘一)

[レッドハット株式会社について]
レッドハット株式会社は、米国ノースカロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズ Linux の世界的な ディストリビューションRed Hat, Inc. の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------
※文中に記載された会社名、商品・製品名、サービス名は各社の登録商標または商標です。


【DB 仮想化サービスに関する情報とお問合せ】
クロスキャット製品・サービスサイトのDB仮想化サービスページをご利用ください。
リンク


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【報道関係からの問い合わせ】

株式会社クロスキャット 総務部 広報担当:江本 豊(エモト ユタカ)
E-mail:emoto@xcat.co.jp TEL:070-4145-2558(広報専用ダイヤル)





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。