logo

ウィスマン会長:IAA商用車見本市はデジタル変革のプラットフォーム

ドイツ自動車工業会 2016年08月04日 15時16分
From 共同通信PRワイヤー

ウィスマン会長:IAA商用車見本市はデジタル変革のプラットフォーム

AsiaNet 65308(0957)

【ベルリン2016年8月4日PRNewswire=共同通信JBN】
モビリティー、輸送、物流の最も重要な見本市の準備が全速力で進行-2000の出展者-具体的な大きな流れを有するNew Mobility World logistics

ドイツ自動車工業会(German Association of the Automotive Industry、VDA)のマティアス・ウィスマン会長は「『Driven by ideas』(アイデアに駆り立てられる)のスローガンは、モビリティー、輸送、物流に関する世界で最も重要な見本市で展示する企業のイノベーションに対する大きな意欲を浮き彫りにしている。第66回IAA商用車見本市(IAA Commercial Vehicles)は9月22日にハノーバーで開幕する。IAAではこれ以上に未来あるものはなかった。代替パワートレインの多数のモデルが展示される。市内バス、バン、配送トラックはますます電力を使うようになっている。全部門が『デジタル変革』を経験している。未来の商用車は接続され、自動運転はすぐに現実になる」と強調した。VDAはIAAを主催している。

IAAの準備は全速力で進められている。ウィスマン氏は「われわれは、前回のIAA商用車見本市よりも多くの展示スペースを売っている。われわれは再度、非常に多くの、2000ぐらいの出展者を迎える。IAAはこれまで以上に国際的になっており、外国の出展者の割合は50%をはるかに超える。外国の出展者の大半はイタリア、中国、トルコからだ。今年は再びIAAで主要なトラック、トレーラー、車体のメーカーに会えるのが素晴らしい。これに加え、世界中から他のどの自動車見本市よりも多くのサプライヤーが来る」と説明した。
初めての出展者には、バスのBYD、軽商用車のトヨタが含まれる。

「New Mobility World logistics」は、国際自動車ショー(IAA)においてデジタル変革の大きな流れを重視する。これは、商用車・輸送・物流産業全体が未来のモビリティーを推進しているという事実を浮き彫りにしている。例えば「New Mobility World LIVE」の実演エリアは技術革新による動的・対話型運転を展示する。「New Mobility World Parcours」では、ビジターは自分で電気商用車を運転し、体験することができる。テーマ別の「ガイド付きツアー」(Guided Tours)は参加者を見本市会場の特定の出展者に案内する。また、自動化、接続性、クリーン電力および都市化に関する多数の会議もある。その1つは9月27日の「New Mobility World Lab16: Startups meet industry」である。これは貨物運送、物流、商用車をより効率的に、より環境にやさしく、よりスマートにするイノベーションにハイライトを当てる。「Lab」は大手企業と新興企業を引き合わせる。業界の先駆者によるコンパクトな企業プレゼンテーション、ネットワーキングの会合、討議および講演は、刺激的なプログラムを提供する。

「商用車ビジネスの健全な状態がIAAをサポートしている」とウィスマン氏は強調した。昨年、大型トラックの西欧市場は既に14%拡大した。2016年上半期の新規登録もまた、14%増加した。バンの市場は同様の原動力を持っており、上半期では軽商用車は前年同期比12%増を記録した。

VDAは、連邦経済省、ドイツ経営者連盟(BDI)、労働組合のIG Metall、その他の11の産業・雇用者団体および労組が設けたAlliance for the 'Future of Industry'(「産業の未来」のための連合)の活動週間をサポートするさまざまな活動をIAAで開催する。

第66回IAA商用車見本市は、9月22日にアレクサンダー・ドブリント連邦運輸相によって開会される。ジャーナリストのオンライン登録(リンク )は7月14日に始まっており、既にこの段階で2年前よりも多くのジャーナリストが登録している。

役に立つヒント、開場時間、入場料、配置図、専門イベント、その他の活動・イベントを含むIAAに関する情報は、リンクを参照。

▽報道関係問い合わせ先
Eckehart Rotter
Head of Press Department
Phone: +49-30-897842-120
Email: rotter@vda.de

ソース:German Association of the Automotive Industry (VDA)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。