logo

ファラデー社 UMC 28HPC(U)プロセス採用の12.5G SerDes PHYの開発完了を発表

ファラデーテクノロジー社 2016年08月03日 15時11分
From 共同通信PRワイヤー

ファラデー社 UMC 28HPC(U)プロセス採用の12.5G SerDes PHYの開発完了を発表

AsiaNet 65239

新竹(台湾), 2016年8月3日 /PRNewswire/ -- ASIC設計サービスとIPの大手プロバイダーであるファラデーテクノロジー社(Faraday Technology Corporation)(TWSE: 3035)と、世界をリードする半導体ファウンドリの聯華電子(United Microelectronics Corporation、以下「UMC」)(NYSE: UMC; TWSE: 2303)は3日、UMCの28HPC(U)プロセス技術を採用したファラデー社の12.5GbpsプログラマブルSerDes PHY IPを発表しました。ファラデー社の12.5G SerDes PHY開発の成功は、UMCの28nm High-K Metal Gateプロセス・ノードをベースにした一連の協同IPポーティング・プロジェクトで初の成果となります。

このSerDes IPは1.25Gbpsから12.5Gbpsまでの転送速度をカバーするプログラマブル構造を採用し、パッシブ・オプティカル・ネットワーク(PON)経由の「ラストマイル」ブロードバンド・アクセスである最新10G/1G xPONアプリケーションをサポートすることが可能となります。更に、このIPはそれぞれの物理符号化副層(PCS)回路を一体化することによって、SGMII、XAUI、QSGMII、USB 3.1、PCIe 3.0、NVM ExpressからSATA 3に至る幅広いインターフェース規格をサポート可能としました。12.5GプログラマブルSerDes PHYの汎用性は、28HPC(U)をベースにした顧客のSoCデザインサイクルの大幅短縮を可能とします。

ファラデー社のフラッシュ・リン最高執行責任者(COO)は「プロセス・ノードが高度化するにつれてSoC集積化の複雑さが増しており、高速SerDes PHY技術は、SoCアプリケーションの広範な高速I/Oインターフェースに対処するために不可欠なビルディングブロックとなっています。28nm High-K Metal Gate技術はファウンドリ業界最長のノードの1つとして広く認められるとともに、UMCの28HPC(U)は業界ベンチマークで優れた性能を実証しています。われわれは12.5G SerDesによって当社の総合的な28HPC(U)高速I/O IPソリューションを拡大できることをうれしく思います。高品質のサービスを拡大し、このIPソリューションの市場への導入を効率的に進めていきます」と語った。

UMCのIP開発・設計サポート部門担当であるS・C・チェン上級副社長は「ファラデー社は現在、UMCプロセスにおける最大のシリコン検証済のIPポートフォリオを提供しています。今回のファラデー社のプログラマブルSerDes PHYは、当社の28HPC(U)プラットフォームIPリソースにとって願ってもない追加であり、顧客が新規の高成長アプリケーションにおけるビジネスチャンスを拡張することに寄与します。われわれは今後も、その他のIPおよびプロセス技術でファラデー社との協力関係を拡大していくつもりです」と語った。

ファラデーテクノロジー社(Faraday Technology Corporation)について
ファラデーテクノロジー社(TWSE: 3035)はASICデザイン・サービスおよびIPの大手プロバイダーです。幅広いIPポートフォリオには、I/O、セル・ライブラリー、メモリー・コンパイラー、ARM互換のCPU、DDR2/3/4、低消費電力DDR1/2/3、MIPI、V-by-One、MPEG4、H.264、USB 2.0/3.1 Gen 1、10/100/1000 Ethernet、シリアルATA、PCI Express、プログラマブルSerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は米国、日本、欧州、中国など世界中にサービスとサポートの事務所を構えています。

ファラデーに関する詳しい情報はウェブサイトwww.faraday-tech.com を参照下さい。

UMCについて
UMC(NYSE: UMC、TWSE: 2303)は世界をリードする半導体ファウンドリであり、エレクトロニクス業界の主要な分野のアプリケーション向けに高度なIC製品を提供しています。UMCの堅ろうなファウンドリ・ソリューションは、チップ設計者が28nmゲートの最後のHigh-K/Metal Gate技術やインターネット・オブ・シングス(IoT)向けに専用設計された超低電力消費プラットフォーム・プロセス、さらに高信頼度のAEC-Q11 Grade-0等の自動車用途向けの製造工程など、UMCの高度な技術および製造を最大限に活用することを可能にします。UMCの10カ所にのぼるウエハファブはアジア全域に展開し、月間50万以上のウエハーを生産することができます。同社は世界中で1万7000人以上を雇用し、オフィスを台湾、中国、欧州、日本、韓国、シンガポール、米国に構えています。UMCの詳細はウェブサイトwww.umc.com を参照下さい。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。