logo

アドアジアホールディングス、新たに2つの動画広告ソリューション「AdAsia Video Network」と「AdAsia Video Production」を同時に提供開始

AdAsia Holdings Pte. Ltd. 2016年08月03日 11時00分
From PR TIMES

~独自のビデオアドネットワークと動画制作ソリューションで、 アジアにおけるオンライン動画広告市場活性化を推進~

アジアでインターネット広告事業を展開するAdAsia Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:十河宏輔、以下:アドアジアホールディングス)は、2016年8月3日よりプログラマティックバイイングの統合管理プラットフォームAdAsia Digital Platform上で、動画広告ソリューションとして「AdAsia Video Network」と「AdAsia Video Production」の提供を開始したことをお知らせ致します。



[画像1: リンク ]


■背景
昨今、東南アジアでは動画を活用したオンライン動画広告キャンペーンの需要が拡大しています。そのため、YouTubeやFacebook等の既存メディア以外にも、旺盛な広告主の出稿需要に応える新たな動画広告配信先の供給が大きな課題となっております。また一方では市場の拡大にともない、様々なフォーマットに合わせた動画コンテンツの制作が求められ、マーケターの大きな負担となっております。そこでアドアジアホールディングスでは、オンライン動画広告配信面の拡大を図るため「AdAsia Video Network」を開発しました。そして、動画制作プロセスとコストを大幅に削減するため、AdAsaia Digital Platform上であらゆるフォーマットに対応した動画制作の発注を可能にする「AdAsia Video Production」の提供を同時に開始いたしました。

■AdAsia Video Networkについて
「AdAsia Video Network」は動画配信に特化したアドアジアホールディングス独自のアドネットワークです。広告主様及び広告代理店様は、AdAsia Video Networkを通じてPC、スマートフォン、モバイルアプリ等のあらゆる広告枠への動画広告配信が可能となります。メディア様は、「AdAsia Video Network」の広告タグをサイトに設置するだけで、サイト訪問ユーザーに対して動画広告を表示することが可能となります。既存のバナー広告枠だけでなく、追加で動画広告の枠を設置することで、新たな収益源を確保することができます。
※広告フォーマットは、アウトストリーム、インストリーム、リッチメディア等に対応

アウトストリーム広告デモサイト
リンク
リンク

[画像2: リンク ]


■AdAsia Video Productionについて
AdAsia Video Productionは通常の動画制作に加え、ドローンまたは360度カメラによる撮影にも対応しており、広告主様のあらゆる動画やアニメーション制作ニーズに対応しています。制作した動画広告は、AdAsia Video Networkだけでなく、YouTubeやFacebookなど他のアドネットワークへの配信が可能です。

ドローンによる動画の作品例
リンク

[画像3: リンク ]


■今後の展望について
2016年内に、AdAsia Video Networkを導入する広告社数は100社、メディア数は50媒体を目指しております。また、年内に動画広告関連の新たなプラットフォームを複数リリースし、さらなるオンライン動画広告市場の創出を目指します。

【会社概要】
会社名:AdAsia Holdings Pte. Ltd.
代表取締役社長:十河 宏輔
所在地:34F, 77 Robinson Road, Singapore 068896
事業内容:グローバルマーケティング事業・インターネット広告事業・次世代広告プラットフォームの開発
URL: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。