logo

光でお絵かきできるロボットおもちゃ「wordee(TM)」のクラウドファンディング開始

JellyWare株式会社 2016年08月03日 11時55分
From PR TIMES

JellyWare株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:崔 熙元)は、株式会社東芝(以下、東芝)から、光で絵や文字を描く技術と、「RECAIUS(R)」の音声合成技術の提供と支援を受け、これらの技術を活用し、光でお絵かきできるロボットおもちゃ「wordee(TM)」を開発しました。当社は、本日からクラウドファンディング[注1]による「wordee(TM)」の予約販売を開始します。



今回、東芝が持つ、光で絵や文字を描く技術や「RECAIUS(R)」の音声合成技術をベースとし、東芝と当社のオープンイノベーション[注2]により、光でお絵かきができるおもちゃ「wordee™」を開発しました。当社が主体になって、米国のクラウドファンディングサイト”Indiegogo”で、「wordee™」の予約販売を本日から開始し、目標金額の達成後に製造・販売を行います。

「wordee™」は、子どもたちの好奇心をくすぐるデザインで、専用のシートの上で動かすと、光る文字やイラストが浮かび上がります(図1)。光でお絵かきをするという不思議な体験が、子どもたちの創造力や発想力を育みます。また、東芝「RECAIUS(R)」の音声合成技術により、自然なおしゃべりとお絵かきを連動し、新しい体験を提供します。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

図1:「wordee™」の外観と遊ぶ様子

さらに、スマートフォンと連携することで、スマートフォン上のイラストに対応した文字を「wordee™」から表示し、音声合成で読み上げたり、スマートフォン上で描いたイラストやメッセージを「wordee™」から表示することもできます(図4~図6)。

当社は、「wordee™」の開発をきっかけに、様々な形のオープンイノベーション取組みをさらに加速させ、今後も取り組みから生まれたアイデアの商品化を積極的に行っていきます。

注1 クラウドファンディング:インターネット上の不特定多数の人々から資金の協力を得ること
注2 オープンイノベーション:企業内部と外部のアイデアを組み合わせて、革新的で新しい価値を創り出すこと

■JellyWare株式会社について
JellyWareは、ハッカソンエコシステムを中心としたIoTサービス・製品開発事業をメイン事業としており、ハッカソンを起点とした複数のIoT製品開発を手掛けています。同時に自社のハッカソンエコシステムノウハウを活用したハッカソンコンサル事業・新規事業のコンサル事業を大手企業中心に展開しています。
JellyWare株式会社:リンク

ハッカソンとは、特定のテーマについて参加者がそれぞれの技術やアイデアを持ち寄り、コンテスト形式で簡単なプロトタイプの作成や発表を行う開発イベントです。

■東芝の音声・映像活用クラウドサービス「RECAIUS(R)」について
音声認識、音声合成、翻訳、対話、意図理解、画像認識(顔・人物画像認識)などのメディア知識処理技術(メディアインテリジェンス技術)を融合し、体系化したクラウドサービスです。
音声・映像活用クラウドサービス 「RECAIUS(R)」:
リンク
「RECAIUS(R) Developers」(RECAIUS(R)の開発者向け技術情報ホームページ):
リンク

■「wordee™」のコンセプト(当社の「wordee™」紹介パンフレットより抜粋)

光でお絵かきする、全く新しい体験を提供するロボットおもちゃです。
[画像3: リンク ]

図2:「wordee™」で遊ぶ様子

専用のシートの上で「wordee™」を動かすと、光る文字やイラストが浮かび上がります。光でお絵かきをするという不思議な体験が、子どもたちの創造力や発想力を育みます。

好奇心をくすぐるデザイン

[画像4: リンク ]

図3:「wordee™」外観

まんまるのカタチ、可愛らしい顔、光る目、子どもたちが思わず遊びたくなるようなデザインに仕上げました。

主な機能
「wordee™」はスマートフォンと連携することで、更に様々な遊び方ができます。

・読み上げ機能
「wordee™」から表示される文字に対応したイラストをスマートフォン上に表示し、音声合成による読み上げを行います。漢字や英語にも対応しているので、子どもの年齢に合わせた学習にも使用できます。
[画像5: リンク ]

図4:読み上げ機能

・イラスト表示機能
スマートフォン上で自由に描いたイラストを「wordee™」から表示できます。
[画像6: リンク ]

図5:イラスト表示機能

・メッセージ機能
スマートフォンに入力したメッセージを「wordee™」で表示できるため、パーティーのお祝いメッセージなどで使用できます。
[画像7: リンク ]

図6:メッセージ機能

■「wordee™」について
クラウドファンディング実施中の”Indiegogo”のページ
リンク

「wordee™」の公式ホームページ
リンク

「wordee™」のFacebookページ
リンク

* RECAIUS、wordeeは、株式会社東芝の登録商標または商標です。

■本リリースに関する問い合わせ先
JellyWare株式会社
info@jellyware.jp
03-6869-8917

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。