logo

札幌学院大学が8月4日に「第1回 高校生のための『心理学』講座」を開講 -- 心理療法(サイコ・セラピー)入門

札幌学院大学 2016年08月03日 08時05分
From Digital PR Platform


札幌学院大学(北海道江別市)は8月4日(木)に「第1回 高校生のための『心理学』講座」を開講する。これは、同大人文学部臨床心理学科の宮崎友香准教授、山本彩准教授、村澤和多里教授の3人が講師となり、「認知」「行動」「無意識」の3つの切り口から「心理学」について分かりやすく解説する高校生向けの講座。なお、2017年1月には「3つの『不思議』の心理学」をテーマとして、第2回講座の開催を予定している。参加費無料、要事前申し込み(定員50名)。


◆第1回 高校生のための「心理学」講座 概要
【テーマ】 心理療法(サイコ・セラピー)入門!
【日 時】 8月4日(木) 13:00~15:50
【会 場】
 札幌学院大学社会連携センター
 (札幌市中央区大通西6丁目)
【アクセス】 地下鉄「大通り」駅から徒歩5分
【参加費】 無料
【対 象】 高校生
【申 込】
 下記メールアドレスまで(1)名前(2)高校名(学年)を入力して申し込み。
 E-mail: mousikomi@takworks.sakura.ne.jp
【締 切】 7月31日(日)※定員になり次第、締め切らせていただきます。
【内 容】
■13:00~13:50 「認知」の秘密―認知療法入門―
・講師:宮崎友香 准教授(専門:医療領域の認知行動療法、心理アセスメント(心理検査))
 同じことを経験しても、気にしすぎる人もいれば、すぐに忘れる人もいたり、反応は人それぞれですよね。それは人によってできごとのとらえ方、受けとり方といった「認知」がちがうためです。どう認知するかで人の気持ちや身体の状態、行動も変わってきます。認知のヒミツを一緒に解いてみませんか?
■14:00~14:50 「行動」の秘密―行動療法入門―
・講師:山本彩 准教授(専門:不登校・ひきこもり支援、暴力への介入、発達障がい支援)
 私たちはなぜ「ダイエットしたい」と思っているのに甘いものを食べてしまうのでしょう?なぜ「勉強しなきゃ」と思っているのに、今日からではなく「明日から頑張ろう」と先延ばしにするのでしょう?講義では、行動の原理を解明した基礎心理学の理論と、実際のカウンセリングの理論がどう繋がっているのか、例をあげなから解説いたします。
■15:00~15:50 「無意識」の秘密―精神分析入門―
・講師:村澤和多里 教授(専門:ひきこもりの若者の心理学、被虐待児の心理療法)
 私たちは、自分の心を意識しているつもりですが、本当に意識できているのは全体のほんの一部であるといわれています。ほとんどが意識することができない「無意識」なのです。本講義では、この「無意識」という言葉を手がかりに、心の深層を知るための学問「精神分析」についてお話しします。

●札幌学院大学HP
 リンク

▼講座に関する問い合わせ先
 札幌学院大学教育支援課人文学部係
 TEL: 011-386-8111(代表)

▼リリースに関する問い合わせ先
 札幌学院大学広報入試課広報係
 TEL: 011-386-8111(代表)
 〒069-8555 北海道江別市文京台11番地
 E-mail: kouhou@ims.sgu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事