logo

快適 IoT(アイオーティ)2016 家を楽しく、便利にするアプリとハードのコンテストII開催

株式会社角川アスキー総合研究所 2016年08月02日 17時45分
From 共同通信PRワイヤー

2016/8/2

株式会社角川アスキー総合研究所

快適 IoT(アイオーティ)2016 家を楽しく、便利にするアプリとハードのコンテストII開催

角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:角川歴彦、以下、角川アスキー総研)は、HEMSアライアンス(下記参照)が主催する「快適IoT2016~家を楽しく、便利にするアプリとハードのコンテストII~」を株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:瀬戸欣哉、以下、LIXIL)、東京大学エネルギー工学連携研究センター(所在:東京都目黒区駒場4-6-1東京大学生産技術研究所内)と共催いたします。

「家」の中にあるさまざまな「モノ」、たとえば冷蔵庫や照明器具、掃除機やエアコン、オモチャなどが次々にインターネットに接続され、機械同士がネットワークでつながるIoT(アイオーティー:Internet of Things:モノのインターネット)を実現する技術を上手に使うことで、私たちの暮らしはもっと便利で楽しいものになります。

昨年の第1回目に引き続き当コンテストでは、QOL(quality of life=「家を楽しく快適に」)というテーマを実現するスマートフォンアプリや自作ハードウェアを使った作品を広く募集いたします。

募集する作品の形態は、アイデア勝負の電子工作、HEMSの規格を利用した本格的なホームオートメーションの提案、スマートフォンやタブレット用アプリ(ハードウェアと連動しない単体、またはクラウドサービス等を利用したアプリ)、さらに今回はロボホン用アプリまで、幅広く受け付けます。それぞれの応募内容によって、厳正な評価を行い刷新した各賞を贈呈いたします。



■HEMSアライアンスとは
HEMS(Home Energy Management System)の市場確立と普及を目的とした共同検討体制です。
共同でHEMSおよびスマート家電普及の環境整備に関する検討を進めております。
・  HEMS アライアンス  メンバー一覧
《参加企業》  KDDI 株式会社、シャープ株式会社、東京電力ホールディングス株式会社、株式会社東芝、日本電気株式会社、パナソニック株式会社、株式会社日立製作所、三菱電機株式会社  以上8社(五十音順)



■開催概要
名称:快適IoT2016~家を楽しく、便利にするアプリとハードのコンテストII~
主催:HEMSアライアンス
共催:株式会社LIXIL、株式会社角川アスキー総合研究所、東京大学エネルギー工学連携研究センター(五十音順)
募集内容:募集テーマに即したスマートフォン及びタブレット端末向けアプリケーション、および自作ハードウェア、IoT、ウェアラブルなどによる自作ホームオートメーション作品。

応募方法:専用サイト リンク から応募してください。

応募期間:2016年8月1日~2016年10月31日

予備審査:予備審査では以下を提出していただきます。
 (1)エントリー申請(Web上のフォームから申請)
 (2)応募作品の動きがわかる画像または動画(Web上のフォームから提出)
 (3)機能説明書(Web上のフォームから提出)
 ※予備審査の発表は2016年11月を予定しています。

受賞発表:最終審査会を兼ねた受賞発表と表彰式を2016年12月に予定しています。
 予備審査通過者は、最終審査会でデモおよびプレゼンをしていただきます。

賞について:○グランプリ  賞金30万円
 +副賞としてモバイル型ロボット電話“RoBoHoN”<SR-01M-W>(C)SHARP CORPORATION
 ○準グランプリ  賞金20万円
 ○HEMSアライアンス特別賞(4作品) 賞金各10万円
 ・生活を豊かにするデータ活用賞
 ・スマートメータ活用賞
 ・ロボホン賞
 ・スマホ活用賞
 ○自作ホームオートメーション賞  賞金10万円
 ○主婦のお悩み解決賞  賞金10万円
 ※「ロボホン」「Robohon」および「RoBoHoN」ロゴは、シャープ株式会社の商標または登録商標です。



<プレスリリース配信元 VNR.ch>
リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。