logo

長崎空港隣接地におけるメガソーラープロジェクト、竣工式を開催


【東京/長崎-2016年8月2日】-ソーラーフロンティア株式会社(代表取締役社長:平野敦彦、本社:東京都港区、以下:ソーラーフロンティア)と株式会社チョープロ(代表取締役:荒木健治、本社:長崎市、以下:チョープロ)は、両社によって設立された長崎ソーラーエナジー合同会社(以下:長崎ソーラーエナジー)の建設による「長崎空港隣接地メガソーラー」(SOL de 大村 箕島太陽光発電所)が竣工したことをお知らせします。本日、用地の所有者である長崎県をはじめとする関係者が一同に会し、竣工式が開催されました。

本メガソーラーは、発電出力で約30MWを有し、国内有数の規模(長崎県で最大)を誇ります。初年度の発電量は、約3, 700万キロワットを見込んでおり、一般家庭の年間電力消費量換算で7,500世帯分に相当します。設置にあたっては、ソーラーフロンティアが光の反射が航空機の運航に影響を与えない防眩性をもつCIS薄膜型太陽電池モジュールを供給し、千代田化工建設株式会社がEPCとして設計・調達・建設を担当しました。この太陽光発電所は2015年4月に着工され、地元のサポートを得て、設置が進められました。その中には、九州地方の金融機関も多数参加した融資団(幹事銀行:株式会社みずほ銀行)によるノンリコース型のプロジェクトファイナンス実施も含まれます。

2016年7月の完成までには、海上空港である長崎空港滑走路に隣接する立地から、航空機の離着陸による高さ制限等に対して細心の注意を払ったことに加え、電力を九州電力に供給すべく約10kmに渡って海底ケーブルが敷設されるなど、高い難易度の工事が伴いました。このたび、スケジュール通りに完成したことは、長崎ソーラーエナジーの優れたプロジェクト推進力を示すものです。

このように、本プロジェクトの竣工は、長崎県に加え、地域のエネルギー供給者であるチョープロとソーラーフロティアの連携の成果です。今後ともそれぞれのノウハウを活用することで、環境に優しく、経済性に優れた太陽光発電の普及を通して、地域に貢献していく所存です。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。