logo

T&G、少子化対策「婚育プロジェクト」第三弾を東京で開催

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 2016年08月02日 13時01分
From 共同通信PRワイヤー

2016年8月2日

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

T&G、少子化対策「婚育プロジェクト」第三弾を東京で開催
~ 子どもたちが結婚の意味を考えるワークショップ
「婚育サマープログラム」を8月25日(木)に実施 ~

 全国でウェディングプロデュースを手がける婚礼大手の株式会社テイクアンドキヴ・ニーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:岩瀬 賢治 以下、T&G)は、特定非営利活動法人放課後NPOアフタースクール(東京都港区 代表理事:平岩 国泰)と共同で、少子化の抑止を目指す社会貢献活動「婚育プロジェクト」の第三弾である「婚育サマープログラム」を8月25日(木)に東京・白金で実施いたします。昨年8月の東京開催、今年3月の大阪開催に続き、今回も小学生から高校生の子どもたちが結婚の意味について考える「婚育(こんいく)」のワークショップを開催します。

◆好評の「婚育プロジェクト」を東京で開催
 内閣府は、少子化進行の要因の一つに未婚率の上昇を挙げています※1。2015年の国勢調査の公表結果では、生涯未婚率が男性22.8%、女性13.4%と、男女とも過去最高値を更新し、今や男性の約4人に1人、女性の約7人に1人が生涯未婚となっています※2。

 こうした現状を踏まえ、T&Gでは、結婚式をプロデュースする企業として、子供たちが未来に希望を抱けるように、結婚の意味について考える「婚育」の機会を作る取り組み「婚育プロジェクト」を行ってまいりました。
 2015年8月に東京、2016年3月には大阪で「婚育プログラム」を実施しました※3。本プログラムでは、結婚に関する様々な疑問を解決するワークショップをはじめ、結婚指輪、ベールダウン、ブーケトスなどの意味を学ぶ模擬挙式、大切な人へ感謝の気持ちを伝える手紙朗読などを行い、参加した親子からは「結婚の様々な意味を理解できた」「家族や友達との絆を知りました」といった声を多数頂戴し好評を博しました。
 そして、このたび、8月25日(木)に東京・白金で「婚育サマープログラム」を実施することとなりました。本プロジェクトは、今回を皮切りに順次全国展開を予定しております。
 子どもたちが普段学校では教わることができない結婚の意味について考える機会を設けることで、人生における結婚式の重要性はもちろん、自分の気持ちを言葉で伝えることの大切さ、家族や友人など大切な人の存在を改めて気づくきっかけ作りを支援してまいります。

 T&Gは、「人の心を、人生を豊かにする」という企業理念をもとに、これまでウェディング事業で培った知識や経験を伝えていく活動を積極的に行ってまいります。

※1 内閣府政府統括官(共生社会政策担当) 平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(概要版)(P1)(平成27年3月)
リンク
※2 総務省統計局 平成27年国勢調査 抽出速報集計結果 (P12-13)(平成28年6月29日)
リンク
※3 【T&G】こども向けワークショップ「婚育サマープログラム」
リンク
【T&G】こども向けワークショップ「婚育スプリングプログラム」
リンク

< 参考資料 >
◆ 「婚育サマープログラム」概要
日  時 :2016年8月25日(木)13:30-16:00  ※13:00受付開始
場  所 :アーフェリーク白金
      リンク
アクセス :地下鉄白金台駅1番出口より徒歩5分
      品川駅・目黒駅より車で10分(プラチナ通り沿い)
対  象 :小学3年生~高校3年生(20名程度)
内  容 :模擬挙式、結婚の意味を考えるワークショップ、デザートブッフェなど
        
※過去実施した「婚育プログラム」はYouTubeで紹介しています。
【T&G】こども向けワークショップ「婚育サマープログラム」 (2015年8月東京)
リンク
【T&G】こども向けワークショップ「婚育スプリングプログラム」(2016年3月大阪)
リンク

◆ 特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクールについて
 「社会で子どもを育てる」をコンセプトとし、「地域の市民先生による放課後プログラム」を開催するNPO団体。個人から企業まで様々な人や団体が市民先生となり、子どもたちの放課後に登場する(パティシエのお菓子づくり、建築家・大工による家づくり、FC東京サッカー、音楽家との演奏、狂言・日本舞踊などの伝統文化、弁護士による模擬裁判など)。「TVゲームより面白く、学習塾より学びのある放課後」をテーマに多彩なプログラムを展開している。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事