logo

リオオリンピック開催記念 スペシャルムービー公開 夢に向かって挑戦する子供たちを応援するすべての大人にメッセージ 「子供たちの夢を信じることは、子供の幸せを願うこと」

日本マクドナルド株式会社 2016年08月02日 10時37分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)の開催を記念して、スポーツを通じて、ひたむきに夢に向かって挑戦する子供たちを応援することの大切さを描いたスペシャルムービー『きみは まだ・・・』篇(102秒)を2016年8月2日(火)から、マクドナルドYouTube公式チャンネル(リンク)で公開いたします。また、同スペシャルムービーのダイジェスト版(60秒)のTV-CMを、8月5日(金)の「リオ五輪 2016 開幕直前スペシャル」(テレビ朝日、20時00分~21時54分)でオンエアいたします。

本スペシャルムービー『きみは まだ・・・』篇は、“きみはまだ、子供だから・・・”という、大人から子供への語りかけの言葉に続いて、さまざまな子供たちがスポーツを通じて、時にはくじけそうになりながら、夢のために心を奮い立たせる様子が描かれています。子供の夢を育てるのも、夢を摘むのも、実は周りの大人のサポートに大きく影響されるものです。スポーツで夢をかなえたアスリートの姿を見ることができるリオオリンピックの時期に、子供の夢を信じることの大切さを改めて感じていただきたいという願いを「子供たちの夢を信じることは、子供の幸せを願うこと」という、メッセージに込めました。
日本マクドナルドは、リオオリンピックに「マクドナルド オリンピックキッズ」8名を派遣し、開会式でアスリートたちと同じトラックを行進する、一生に一度の体験を提供します。そのほか、健やかな子供たちの成長を支援するため、野球とサッカーを学ぶ児童約57万人へのスポーツ手帳の配布や、1986年から30年間にわたり「高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」に協賛し、全国大会出場チームの地元店舗で団結式を開催するなど、スポーツに頑張って取り組む子供たちへの支援活動を続けています。

今回のスペシャルムービーは、スポーツ支援活動を続けるマクドナルドが、全国のスポーツを頑張っている子供たちを見守る大人の方々と想いを共有し、子供たちが夢に向かって進む日々のエールになればと考えています。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事