logo

中国国際家具展、上海での秋季展の準備整う

中国国際家具展 2016年08月01日 17時16分
From 共同通信PRワイヤー

中国国際家具展、上海での秋季展の準備整う

AsiaNet 65270(0945)

【上海2016年7月29日PR Newswire=共同通信JBN】第38回中国国際家具展(China International Furniture Fair、CIFF)(上海)は9月7日、上海・虹橋のNational Exhibition and Convention Center(NECC)で開幕する。4日間のCIFF(上海)秋季展は家具産業のあらゆる分野をカバーし、家庭・オフィス用家具、屋内装飾品・織物、アウトドア・レジャー用品、機器・原材料を紹介する。

この大規模家具展は、3月に第37回CIFF(広州)春季展を成功裏に完了しており、実りある8日間の展示会の出展者は計3868、ビジターは16万8881人に上った。CIFF(上海)は世界の家具産業で最新のトレンドになっている注文家具とスマート家具にハイライトを当てる。

CIFF委員会の担当者は「より大規模な出展者は大都市に集中するようになっており、われわれが出展者やバイヤーに提供する質の高いプラットフォームは、家具産業の全てのチェーンを結び付ける役割を果たしている。われわれは、数多くの国際的ブランドや、流行を作り出すスマートホーム・カスタマイゼーションが中心になる次回のCIFF(上海)に大きな希望と期待を寄せている」と語った。

多くの伝統的な家具メーカーは現在、現代的な技術を新しいデザインに取り入れるとともに、現代的なデジタル生産に転換するために新しい生産モデルを採用しており、家具産業のトレンドをリードするCIFF(上海)は、よりカスタマイズ可能で個人化され、市場のニーズに合った製品を展示し、特にスマート家具に焦点を当てる。

CIFFの現代家庭家具ショーは、米国のAshley、Lifestyle、Global Views、Uttermost、イタリアのChateau d'Ax、Biesse、SCM、Cefla、ドイツのHomag、オーストラリアのBeard、Boori、Lounge Innovation、中国のLandbond、Qumei、Kuka Homeなど東西のブランド多数を紹介する。

9月にはイタリア、米国、ドイツ、ロシア、ベルギー、インド、日本、韓国、トルコから世界的なバイヤーグループがCIFF(上海)に集まる。ブランド企業から推薦されたVIPバイヤーは無料の宿泊サービスを受ける。デザイナー、建築家、不動産の専門家、家具ディーラーのグループも商談のため、CIFF(上海)に参加する。

CIFF(上海)は、虹橋国際空港と虹橋駅を結ぶ虹橋の輸送ハブからわずか1.5キロしか離れていない虹橋地区のNECCで開催される。会場は地下鉄2号線の徐ケイ東駅からも行ける。同展示会は、空港、鉄道駅、その他の輸送ハブから会場まで無料・直通のシャトル・サービスも運行する。

NECCは現在、虹橋の完全稼働のコマーシャルセンターとインターコンチネンタルによってサポートされており、上海のNECCは出展者とバイヤーに最高の展示会体験を提供するため、9月にオープンする。

▽CIFFについて
中国における最初で最大の家具展として、第38回CIFFは中国対外貿易センター(グループ)、広東家具協会(Guangdong Furniture Association)、中国軽工工芸品進出口商会(China Chamber of Commerce for Import and Export of Light Industrial Products and Arts-Crafts)が主催し、中国対外貿易広州展覧公司(China Foreign Trade Guangzhou Exhibition General Corp)が企画する。

Photo - リンク

ソース:China International Furniture Fair

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。