logo

競技を始めよう!五輪の馬の第1陣がリオデジャネイロに到着!

国際馬術連盟(FEI) 2016年08月01日 15時28分
From 共同通信PRワイヤー

競技を始めよう!五輪の馬の第1陣がリオデジャネイロに到着!

AsiaNet 65277(0938)

【ローザンヌ(スイス)2016年7月30日PR Newswire=共同通信JBN】2016年のリオ五輪のためにブラジルに飛行機で行くのは人間の選手だけではない。オリンピックの馬の第1陣は、ロンドン(英国)から12時間近くの空の旅を経て、午前零時の少し前にリオデジャネイロ国際空港に着陸し、たった今、デオドロのオリンピック馬術センターに到着した。

Photo: リンク

34頭の総合馬術の馬は貨物輸送機に乗っていたかもしれないが、それは特別に設計されたエミレーツ・スカイカーゴのボーイング777-Eであり、馬は全てビジネスクラスで運ばれた!人間の選手と同じように、馬は、機内持ち込み手荷物とチェックイン・バッグとともに搭乗する前に、ロンドン・スタンステッド空港で旅券審査(と健康診断)を通過しなければならなかった。

馬のフライトソックスに相当するもの(脚の包帯)を身に付けた馬は、完全なビジネスクラスの待遇を受けており、客室乗務員(実際は馬取扱人)によって特別な食事を提供され、水(炭酸ではない)を提供するドリンクの台車では混ぜ物を選ぶことができた。お客様、リンゴかニンジンはいかが?

大事な馬の貨物が最高の状態で到着できるようにするため、獣医も同乗している。これらの4脚のアスリートは真剣であるだけに、大事なのはどちら!

朝早い時間にリオに迎え入れられた馬は、連邦道路警察の完全な警護の下、オリンピック馬術センターの新築の馬収容施設への途中にあるChrist the Redeemer(コルコバードのキリスト像)に見守られながら、特別装備のトラックで運ばれた。同センターでは、馬のレッドカーペットに相当するもの-黒のゴムマットに脚を踏み出した!

この到着便はオリンピック期間中の9便のうちの第1便で、英国、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ジンバブエ、ブラジル、日本、イタリア、中国の馬を輸送した。今後数週間で43カ国の200頭以上の馬がデオドロに到着し、オリンピックの3つの馬術種目で人間のパートナーとともに金メダルを目指して準備を整える。

▽国際馬術連盟(FEI)リンク について
FEIは国際オリンピック委員会(IOC)によって承認された馬術競技の世界運営組織であり、1921年に創設された。

FEIは、オリンピック競技の障害飛越競技、馬場馬術、総合馬術、並びに馬車競技、エンデュランス、軽乗競技、レイニングにおける全ての国際イベントの唯一の統括機関である。FEIはまた、障害者馬場馬術競技、障害者馬車競技の全ての国際競技会を統括している。

ソース:Federation Equestre Internationale (FEI)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事