logo

インドネシアの小学校で「すらら」のトライアル授業開始 

株式会社 すららネット 2016年08月01日 14時29分
From PR TIMES

1校目のトライアル授業での高評価を受け、開始から半年足らずで2校目での実施 人工知能✕アダプティブ・ラーニング!クラウド型学習システム「すらら」

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)は、インドネシアで産学連携によるeラーニングを活用した子どもたちの学力達成度強化事業(※)を行なっています。インドネシア教育大学(英語名:Indonesia University of Education 以下、UPI)の附属小学校で、2校目となるチビル(Cibiru)校でトライアル授業が2016年8月より開始されました。

(※)持続発展可能な産学連携の体系を構築し、学校・塾・家庭でのeラーニングの活用に関する実証、普及活動を行い、将来的にはビジネス活動に繋げる事業で、2015年4月に始動。eラーニングにより、教員の質や教材の問題などに左右されることなく、子どもたちの学力達成度を向上させることができると考えています。



[画像: リンク ]


今回のトライアル授業は、西ジャワ州の首都であるバンドン市近郊にあるUPIの附属小学校であるチビル校(正式名称:SD Laboratorium UPI Kampus Cibiru)で実施します。対象は特進クラスにあたる1~4年生の各3クラス約300名の児童で、海外版「すらら」である「Surala Ninja!(すらら ニンジャ!)」のインドネシア語版を用いて、週3回行なわれる35分間の授業内で個別学習を行います。実施期間は、2016年8月から2017年5月までです。チビル校内には「すらら」専用の学習室として1クラス分となるパソコン30台を設置した教室も設けています。

トライアル授業内では、児童の基礎計算力の向上を目的とし、数の概念理解から始まり、スモールステップで四則演算を学ぶほか、挨拶や手洗いなどの日本式教育のマナーの指導も行います。

授業開始にあたり、すららネットがチビル校で「すらら」の授業を受け持つ教員18名に対する研修を計4日間行ない、対象児童の保護者への説明会も実施しました。

今回のトライアルに先行して、UPIのもう一つの附属小学校であるブミ(Bumi)校(所在地:西ジャワ州バンドン市)では、すでに2016年2月より「すらら」を使った授業を開始しております。ブミ校の教員からは、「『すらら』での学習を通じて学習の楽しさを見出し、勉強に対する姿勢が前向きになっている児童も見られる」、「指計算をする児童が減った」という声が挙がっています。また、「すらら」の授業では、日本式教育マナーの指導等も取り入れることにより、児童の自主性や規律性を身につけさせるための良い機会となっており、落ち着いて授業を受けることができない児童が集中して授業に取り組めるようになった事例も見られます。このようなブミ校での授業の評価を受け、その授業モデルをさらに発展させる形で、今回2校目でのトライアル授業の実施に至りました。

すららネットでは、将来的にインドネシアの公教育において、「すらら」を補助教材として活用し、個別学習によって算数・数学の質的レベルアップを図る可能性を検討していきたいと考えております。今回授業を開始したチビル校は他校の教員指導なども請け負っている西ジャワ州地区でも屈指の優良校です。同校でのトライアル実施は、集合型の学校教育にeラーニングを活用した個別学習を取り入れた先進的な取り組みであり、今後、他の学校における教育のあり方にも大きな影響があると考えています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事