logo

馬はどうやってリオ五輪に到着するのか?

国際馬術連盟(FEI) 2016年08月01日 13時51分
From 共同通信PRワイヤー

馬はどうやってリオ五輪に到着するのか?

AsiaNet 65243(0928)

【ローザンヌ(スイス)2016年7月30日PR Newswire=共同通信JBN】
*もちろん、飛行機で!

五輪の馬の第1グループは7月29日、ロンドン・スタンステッド空港(英国)から特別貨物輸送機でRio 2016に向けて出発し、世界最高の競争馬のオリンピックドリームの開始を告げた。

(Photo: リンク

10カ国から34頭の馬を乗せた数百万ドルの価値のある貨物は、エミレーツ・スカイカーゴのボーイング777-Fによるほぼ12時間の飛行のため、特製のパレットに積み込まれ、同機は英国夏時間15時20分に英国を出発した。

英国、アイルランド、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ジンバブエ、ブラジル、日本、イタリア、中国からの総合馬術の馬は、29日のスタンステッドからのフライトに乗せられている。これは、200頭以上の馬をリオ国際空港に送る計9回の輸送の第1便である。同空港からはデオドロ・オリンピック・パークのオリンピック馬術センターに運ばれる。

この高度に複雑な作業は、欧州、米国にあるスタンステッド(英国)、リエージュ(ベルギー)、マイアミ(米国)3つの拠点で行われる。競技の馬と騎手は馬場馬術、障害飛越競技、総合馬術のオリンピック種目で世界の43カ国を代表している。

国際馬術連盟(FEI)は、空港到着からチェックイン、航空機への積み込み、リオへの出発まで、このわくわくさせる日を記録した一連の魅力的な画像、ビデオ映像を提供し、これらの大切なアスリートがどのようにオリンピックの栄光への旅に乗り出すかへの信じられないほどの見識をもたらす。

▽スタンステッドからのフライトの概況
*スタンステッドからリオへの推定飛行時間:11時間40分
*航空機の詳細:エミレーツ・スカイカーゴのボーイング777-F
*馬の荷重:1万7500キログラム
*総合馬術の馬の平均体重:515キログラム
*馬具:9900キログラム
*餌(大会期間中に消費):6000キログラム

▽オリンピックの馬術の概況
*真の男女平等
*男女が平等に並んで同じメダルを競う唯一のオリンピック競技
*200組の競技の馬・騎手(プラス補欠)
*3つのオリンピック種目:総合馬術(65組)、馬場馬術(60組)、障害飛越競技(75組)

▽国際馬術連盟(FEI)リンク について
FEIは国際オリンピック委員会(IOC)によって承認された馬術競技の世界運営組織であり、1921年に創設された。

FEIは、オリンピック競技の障害飛越競技、馬場馬術、総合馬術、並びに馬車競技、エンデュランス、軽乗競技、レイニングにおける全ての国際イベントの唯一の統括機関である。FEIはまた、障害者馬場馬術競技、障害者馬車競技の全ての国際競技会を統括している。

ソース:Federation Equestre Internationale, FEI

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事