logo

文教大学の学生と桜の聖母短期大学の学生がビブリオバトル! -- 地域を超えた大学生同士のバトルで「人との出会い」を

文教大学 2016年08月01日 08時05分
From Digital PR Platform


文教大学(埼玉県越谷市)の学生と桜の聖母短期大学(福島県福島市)の学生がビブリオバトルを共同開催。異なる地域の学生との共同開催で、「本との出会い」だけでなく「人との出会い」の場を広げる。


 知的書評合戦とも呼ばれるビブリオバトルは、5分間で自分のお気に入りの本を紹介し、聴衆にどれだけ読みたいと思わせることができるかを競う、コミュニケーションゲームである。
 現在では、47都道府県での開催が確認されており、教育現場で活用されることもある。読書にスポーツ感覚や遊びの要素を入れたことにより、読書活動の推進だけでなく、「本との出会い」や「人との出会い」の喜び、楽しさを体感することができる。

 ビブリオバトルは学校や図書館、書店などでも開催されるが、顔なじみのバトラーが出場することも多く、「本との出会い」はあっても「人との出会い」としての魅力が弱いことが実情である。
 そこで本企画は、ビブリオバトルの効果の一つとして期待される「人との出会い」に着目し、文教大学(埼玉県越谷市)の学生サークル【ビブロBUNKYO】と桜の聖母短期大学の学生がビブリオバトルを共同開催する。異なる地域で活動している大学生が一緒にビブリオバトルを開催することで、人との出会いを広げる機会を設けている。

 文教大学【ビブロBUNKYO】の顧問である平正人准教授は、「こうした人的交流もビブリオバトルの魅力の一つであり、今後埼玉・福島両県でビブリオバトルの普及活動が促進して行くことが期待されています」と述べている。
 そして、普及活動の新たなモデルケースを提供することが期待される。

 詳細は以下のとおり

・日 時: 2016年 8月19日(金) 13:00~16:00
・会 場: 桜の聖母短期大学
・参加学生:
  文教大学学生サークル【ビブロBUNKYO】 8名 (顧問 平正人)
  桜の聖母短期大学生 7名 (ゼミ指導教官 木川田朱美)
・対戦方式: 各学校からバトラーを2名ずつ選出し、4人でバトルを行う。

▼本件に関する問い合わせ先
 文教大学学園広報マーケティング室 
 電話: 03-3783-5511(代)

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事