logo

アクロリア、オフィススペースの間借り・間貸しマッチングプラットフォーム「ミネスト(minest)」の提供を開始

株式会社アクロリア 2016年07月31日 00時02分
From PR TIMES

~オフィスをシェアすることでコストを減らし、成功する事業・プロジェクトを増やす~

株式会社アクロリア(本社 : 神奈川県川崎市、代表取締役 : 北村耕太郎)は、オフィススペースの間借り・間貸しマッチングプラットフォーム「ミネスト( minest, リンク )」β版を2016年7月31日(日)より提供開始いたしました。





[画像: リンク ]

●フリーランス・ノマドワーカーなど多様化する働き方に合わせてオフィスにも選択肢を
場所にとらわれず遊牧民のように様々な場所で仕事をする「ノマド」や、特定の企業に所属することなくプロジェクトごとに複数の組織に関わる「フリーランス」など、昨今の働き方は多様化しています。さらに日本国内のフリーランスの人数が2015年には1228万人(※1)に達するなど、新しい働き方で生計を立てる人の数も増えています。

今後、ワークスタイルの変化にともない働く環境の多様化が予測されることを機に、オフィススペースの間借り・間貸しマッチングプラットフォーム「ミネスト(minest)」の提供を開始いたしました。


●オフィススペースの無駄を減らし、コスト削減と人材交流を促進
ミネストの利用者は、余ったオフィススペースを貸出す【ホスト】とオフィススペースを借りる【ゲスト】にわかれます。ホストは貸出すオフィススペースの画像や基本情報を掲載し、ゲストは掲載されているオフィススペースから条件に一致するものを探します。
オフィススペースのシェア期間は最低1ヶ月以上の中長期を基本とし、1オフィスあたりのゲストの人数は1~10名程度を見込んでいます。

ミネストの利用を通じて、ホストは余っているオフィススペースの収益化、ゲストはより柔軟に多くの選択肢からオフィスを探すことが可能になります。さらに、両者の新たな出会いや交流から事業上のシナジーも期待できます。


●政府の「日本再興戦略2016」におけるシェアリングエコノミーの促進
個人やグループが有形・無形の資産を共有し、利用者が必要なタイミングで利用する経済活動「シェアリングエコノミー」は、2025年までに潜在的な収益機会が3350億ドル(※2)を上ると予測されています。政府の「日本再興戦略2016」に掲げられたシェアリングエコノミーの推進と、ワークスタイルの変化を機に、より自由で多様な働き方の実現に努めてまいります。
また、ミネストのリリースにともない、サービスクオリティの向上と安心安全なサービス提供の実現を目的として「シェアリングエコノミー協会」( リンク )へ加入いたしました。


●今後、オフィススペースを提供するホストの拡充に注力
ミネストでは今後、オフィススペースの拡充に努めてまいります。企業の余っているオフィススペースをはじめ、コワーキングスペース、シェアオフィス、飲食店などの空きスペースを対象として、2016年12月末までに300スペースの獲得を目指します。

(※1) 出典: クラウドソーシング研究所「国内のフリーランスは1,228万人。ランサーズ、日本初のフリーランス実態調査を実施」(2015年04月03日)
リンク

(※2) 出典: プライスウォーターハウスクーパース株式会社「シェアリングエコノミー ‐ コンシューマーインテリジェンスシリーズ ‐」(2016年2月)
リンク


■ 関連URL
オフィススペースの間借り・間貸しマッチングプラットフォーム
「ミネスト(minest)」
リンク

■ 株式会社アクロリア 概要
所在地:神奈川県川崎市高津区諏訪3-4-5
設立:2014年3月4日
代表取締役:北村 耕太郎
事業内容:オフィスの間貸し・間借りマッチングプラットフォーム「ミネスト(minest)」の運営
URL: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。