logo

ガーデンエクステリアライティングのタカショーデジテック、ガーデンエクステリアのIoT、『GEMS(R)』のコンセプトケースを発表

タカショー 2016年07月28日 16時00分
From PR TIMES

ガーデンライフスタイルをより豊かにするIoT、『GEMS(R)』ブランドでリリース  7月29日まで開催中の『タカショー ガーデン&エクステリアフェア 2016』にて コンセプトケースを出展中

株式会社タカショーの関連会社株式会社タカショーデジテック(以下、タカショー)は、ガーデンエクステリアにおけるIoTラインナップである『GEMS(R)』を発表いたします。
『GEMS(R)』は、Garden Energy Management Systemの略で、タカショーの展開するガーデンライフスタイルにIoTテクノロジーを融合し、より快適で楽しい屋外空間を演出するタカショーのIoTコンセプトです。



[画像1: リンク ]

 ガーデンを中心とした屋外空間には、日本には四季があり、古来より有してきた自然と調和した癒しや、健康的な暮らしがあります。タカショーは、近代化の中で失われつつあるこの自然と調和したライフスタイルを、ガーデンという空間において展開することを提唱してきました。ガーデンの人に与える癒しは、学術的にも証明されており、4月に設立のガーデンセラピー協会にも積極的に協調し、ガーデンのある暮らしの提案を続けております。今回、『GEMS(R)』の展開においては、業界だけではなく、世界的にも有数のIT専門大学である会津大学、また同大学認定のベンチャー企業である会津ラボ、この両者の知見と技術力を融合し、形式的な『GEMS(R)』ではなく、本格的なガーデンエクステリアのIoTである『GEMS(R)』を実現することを目指します。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

『GEMS(R)』の展開に際し、7月29日まで開催の『第13回タカショーガーデン&エクステリアフェア2016』 において、一部コンセプト出展をいたします。
[画像5: リンク ]

イベント特設ページ: リンク

●当社が目指す姿
 ガーデニング・エクステリア用品に特化した当社が実現したいのは「ガーデンセラピー」による社会貢献です。園芸療法は認知症の予防などにも効果があると言われ、健康に良い影響をもたらすことは医学的に証明されています。ヨーロッパでは国が推奨する取り組みにもなっています。タカショーは人間が本能的に持つ「癒されたい」「リラックスしたい」という気持ちにお応えする商品を提供することで、人々の暮らしをより良いものにしていきたいと考えています。「自然をたのしむ」「心をおだやかにしたい」といった人間が遺伝子的に持っている部分にもアプローチできるような、ラインナップと対応力を強みに、様々なお客様の「ガーデンライフ」の充実に貢献します。

<<株式会社タカショー 会社概要>>
◆営業本部所在地:
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-9 KDX御茶ノ水ビル2F
◆本社所在地:
〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂20-1
◆事業内容:
1. 環境エクステリア(インドア及びアウトドア庭園、緑化)に関する製品の企画開発
2. ガーデン用品の輸出入販売
3. エクステリア商品のソフトウェア開発販売
4. CAD,C.G.ソフトウェアの提供及び処理業務
◆ホームページ:リンク

<<株式会社タカショーデジテック 会社概要>>
◆本社所在地:
〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂20-1
◆事業内容:
1. LEDを使用した大型サインから銘板の開発・企画・製造・販売
2. 商業施設におけるサイン・照明の開発・企画・製造・販売
3. エクステリア・ガーデニングにおける照明の開発・企画・製造・販売
◆ホームページ:リンク

【本件に関するお問合せ先】
株式会社タカショー IT戦略室:木戸
電話:03-5244-5651
FAX:03-5244-5652
メールアドレス:press@takasho.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。