logo

鉄道業界初、目的地までの所要時間の実績を表示するサービス「駅間time」を開始します!

東急電鉄 2016年07月28日 14時01分
From PR TIMES

~専用アプリにより悪天候等での遅延時にも直近の列車の所要時間実績をご案内します~

当社は、お客さまへのさらなる利便性の向上として、スマートフォン向け「東急線アプリ」内に東急線内の目的駅までの所要時間実績を表示する「駅間time」を鉄道業界として初めて導入し、8月1日(月)からサービスを開始します。



 「駅間time」は、路線と出発駅・到着駅を指定することで、直近の列車の所要時間実績を表示するサービスであり、列車の種別(特急・急行・各駅停車等)ごとの所要時間も表示されます。
 このサービスによって、悪天候やトラブル、不慮の事故による列車遅延の際も直近の列車の所要時間実績を確認でき、迂回経路の検討など、お客さまの行動や判断に目安としてお役立ていただけます。

 「駅間time」の機能の詳細および画面イメージについては別紙のとおりです。
[画像1: リンク ]


【別紙】
1. 配信予定日
2016年8月1日(月)

2. 新機能
・駅間time(所要時間実績表示機能)
 路線・出発駅・到着駅を指定(検索)することで、直近の列車の所要時間実績を列車の種別(特急・急行・各駅停車等)ごとに確認することができます。
 ※東急線内のみ、単一路線での検索となります。

【検索画面イメージ】
[画像2: リンク ]


3. 「東急線アプリ」利用料
無料
※ダウンロードにかかる通信費はお客さまのご負担となります。

4. 「東急線アプリ」ダウンロード方法
Android:Google Playよりダウンロード
iPhone:App Storeよりダウンロード

5. 「東急線アプリ」対応OS
Android:OS2.3以降
iPhone:iOS7.0以降
※機種によって上記OSでも正常に表示されない場合があります。
※Android、Google playは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※iPhone,iPod touch,App Store は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の登録商標です。

6.「東急線アプリ」その他の主な機能について
・迂回ルート検索
・列車の現在位置表示
・東急バスの現在位置表示(バスナビ)
・定期券ネット予約サービス
・駅構内カメラ画像配信「駅視-vision」
・遅延証明書の表示
・運行情報のプッシュ通知

7. アプリ制作会社
株式会社アイリッジ  (URL:リンク
「インターネットを通じて、世の中に新しい価値を創り続けていく」という理念のもと、スマートフォンを活用した、企業のマーケティング活動を支援しています。1.O2Oソリューション「popinfo(ポップインフォ)」の提供、2.O2Oアプリの企画・開発、3.O2Oマーケティングの企画・運用支援を行っており、O2Oやスマートフォン向け位置連動型サービスの分野では業界トップクラスの実績があります。

8. 駅ばりポスターイメージ

[画像3: リンク ]



[画像4: リンク ]


いい街いい電車プロジェクトとは
 「いい街 いい電車 プロジェクト」とは、選ばれる沿線日本一に向け、沿線のみなさまとの近くて良い関係「近イイ関係」を目指すプロジェクトです。
 駅がもっと身近になる活動を通して、愛着のある「いい街」と、いつでもどこでも安全に移動できる、安心・快適な「いい電車」の実現に向け、積極的に活動します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事