logo

ゾーホージャパン、「Zoho CRM 2016」の提供を開始

利用ユーザー2,000万人を越えるクラウドサービス群「Zoho」シリーズを
提供するゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:
神奈川県横浜市 以下、ゾーホージャパン リンク )は、
2016年7月28日(日本時間)新機能と数々の改良を施した
クラウド型CRM(顧客管理・営業支援サービス)の最新バージョン、
「Zoho CRM 2016( リンク )」の
提供を開始します。

「Zoho CRM 2016」により、営業パーソンは Eメール、SNS、電話と
いったあらゆるコミュニケーションチャネルを通じて顧客と接点を
持つことができ、より多くの受注を獲得できるようになります。

また、EメールとCRMを融合し、営業向けに特化したEメールクライアント
「SalesInbox」も同時にリリースし、営業パーソンの提案力、営業効率、
クロージング能力を向上させます。その他、およそ50箇所の機能追加や
改良を行い、直感的な使いやすさを実現しました。

このたびの「Zoho CRM 2016」の提供について、ゾーホージャパンの
Zoho事業部 事業長 中沢 仁は「顧客とのコミュニケーション手段は、
ますます多様性が増しています。メールや電話だけではなく、SNSや
Webなど、さまざまなチャネルから発信される顧客からの情報を一元で
管理し、顧客を知り、見極め、効果的にアプローチを行う必要があります。
『Zoho CRM 2016』と『SalesInbox』は、まさにこの課題を解決しました」と
述べています。


■Zoho CRM 2016 の新機能概要:

・マルチチャネル
Zoho CRM 2016 は、Eメール、電話、SNS、チャット、Webアクセス、
顧客アンケート、問合せメール といったさまざまなチャネルを一元的に
管理し、顧客とのコミュニケーションを円滑にします。顧客の動向を
リアルタイムに把握することで、営業担当者は適切なアプローチができ、
より多くの受注を獲得できるようになります。

・SalesInbox (セールスインボックス)
SalesInbox は、顧客に対するEメール対応を改善する、営業に特化した
Eメールクライアントです。

これまで別々のツールとして使い分けされていた、EメールとCRMが融合する
ことで、CRMの顧客データを活用したメール対応や、メールからCRMに
直接データを登録することなどが可能となりました。

さらに、メールテンプレート毎に開封率やクリック率を測定することもできます。
文章やデザイン効果の計測と改善を繰り返し、より顧客の関心や興味を
惹きつける内容へと洗練させることでEメールの効果を最大化することが
できます。

・モバイル対応
モバイルでの本格的な営業活動をサポートする、モバイルアプリの
新バージョンをリリースします。チェックイン機能(訪問時に位置情報と
時間を記録、近くにいる顧客の検索、活動履歴の確認機能などを追加し、
外出先や移動中の営業活動をサポートします。

・使いやすさを追求した新インターフェース
従来の一般的なCRM/SFAによくある「分かりにくい」「使いにくい」と
いった問題を一掃しました。営業の手間を最小化し、売上を最大化するため、
スマートで直感的に利用できるデザインとなっています。

・タイムライン
顧客や商談などの更新履歴を、タイムラインで時系列に参照できます。
顧客との接触履歴や過去のやりとりを一画面で把握できます。また、今後
予定されているアクション(打合せやフォローアップ等)も参照できます。

・詳細フィルター機能
見込み客の一覧から、メールを開封した、また、メモや活動実績のある顧客
だけを抽出するなど、柔軟なフィルター条件を設定できます。

・ページレイアウト
商品や販売プロセス毎に画面構成を変更できるページレイアウト機能を
追加しました。

A商品を扱う部署と、B商品を扱う部署の商談の登録画面(項目内容や
レイアウト)を、 ユーザーの属性に応じて、画面を切り替えながら
利用することが可能です。

・ゲーミフィケーション
ゲーミフィケーション機能は、営業チームにおける健全な競争を促進し、
目標達成やスコア獲得を楽しみながら営業活動を行える機能です。

電話の件数や受注数、新規商談獲得数など、任意の条件を設定し、ポイントを
付与できます。設定した達成レベルをクリアすると、グレードに応じた
トロフィーやバッジなどの称号を獲得することができます。

ゲームの作成は誰でも可能で、同じチームのメンバーを招待して開始できます。
まるでゲームをクリアするような感覚で、営業活動のモチベーションアップや
競争意欲を促進します。

Zoho Corporation チーフエバンジェリスト ラジュ ヴェジェスナは、
「Zoho CRMを利用している大規模顧客の多くは、大規模利用ならではの
システム要件、機能要件を持っています。Zohoは常にこの要求に応えるべく、
技術と製品を洗練させてきました。 Zoho CRM 2016 は、企業利用を支える
堅牢なシステムとして常に進化しています。今回の機能追加や数々の改良は、
Zohoが中堅企業から大企業までのビジネスをサポートすることを示しています」と
述べています。

■価格と利用方法:

Zoho CRM 2016 は、従来の価格体系のまま、本日7月28日より利用可能です。
価格はZoho CRM を利用する営業ユーザーの人数と、利用するプランにより
異なります。

プランと価格は以下の通り
・無料プラン 0円 / 1ユーザー / 年(機能制限、レコード制限有り)
・スタンダードプラン 17,280円 / 1ユーザー / 年(税別)
・プロフェッショナルプラン 28,800円 / 1ユーザー / 年(税別)
・エンタープライズプラン 50,400円 / 1ユーザー / 年(税別)

*購入はクレジットカードによるオンライン購入(月額もしくは年額)と、
銀行振込(年額)による購入が可能です。
*Visits機能(ウェブサイトトラッキング)の利用には別途 Zoho セールスIQが
必要です。
*アンケート機能の利用には別途 Zoho Surveyが必要です。
*顧客サポート機能の利用には、別途 Zoho Supportが必要です。
*Zoho SalesInboxはエンタープライズプランユーザーのみ利用可能です。
利用に際しては、以下URLより申請が必要です。


また、今回あらたに Zoho CRM アルティメットプランを新設します。
アルティメットプランはミッションクリティカルが要求されるエンタープライズ
企業を対象にしたプランです。専用のデータベースクラスター、SLA、専用の
サポート・スタッフ(英語対応)を提供します。

Zoho CRM:
Zoho CRM 2016 特設サイト:    
Zoho ブログ・お知らせ:   

■ゾーホージャパン株式会社について  
URL:     
ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開する
Zoho Corporation Pvt Ltdが開発/製造したネットワーク管理開発ツールや
企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスを日本市場に
提供すると同時に関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。

ネットワーク管理開発ツール「WebNMS」は、シスコシステムズ、エリクソン、
アルカテル・ルーセント、モトローラなど世界2万5千社の有力企業で
採用され、ネットワーク管理のOEM市場でデファクト・スタンダードとして
認知されています。また、WebNMSのノウハウや経験を生かして開発された
企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界10万社を超える
顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。その他、業務改善/
生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で
2,000万人を超えるユーザーに利用されています。

Zohoは、中小企業やスタートアップビジネスの運営に欠かせない、様々な
ビジネスアプリケーション群を、オールインワンのビジネスの
オペレーティングシステム(事業基盤)として提供する、クラウドサービスです。

Zoho CRM、Zoho キャンペーン、Zoho Deskといったアプリケーションは、
新規顧客獲得や顧客との関係構築(CRM/SFA)、マーケティング、
カスタマーサポートなど、営業、マーケティング、サポート分野の業務を
強力に支援します。

Zoho Office(表計算、文書、プレゼンテーションツール)、Zoho メール、
Zoho ドキュメントは、オンラインファイル共有・共同編集、
コミュニケーション・コラボレーションを支援し、仕事の生産性を向上します。
さらに、経理、人事、採用分野の業務を支援する、Zoho Books、
Zoho People、Zoho Recruitなども提供し、ビジネス運営に必要となる、
あらゆるアプリケーションを、Zoho独自のセキュアでスケーラブルな
クラウドプラットフォーム上で提供します。

ユーザーはZoho.comよりZohoサービスにアクセスし、自社が必要とする
Zohoサービスを選択して利用することができます。全世界2,000万ユーザー/
数万企業ユーザーが、Zohoを活用し日々のビジネスを運営しています。
また、全世界数百社におよぶ Zoho パートナーにより、ユーザー企業の導入を
サポートするエコシステムを構成しています。

ZohoはZoho Corporationの一事業部門です。Zoho Corporationは、
従業員数3,500人以上、米国カリフォルニア州、インド チェンナイ本社、
オースティンオフィス、ロンドン、日本、北京に拠点をもつ、非公開の
営利企業です。Zohoは自社の事業運営をこれらZohoサービスにて日々運営
しています。

詳しい情報は、を参照願います。

*******************************************************************
    文書管理番号:ZJMR160723101
                    
         <本件のお問い合わせ先>
                           
本ニュースリリースに関するお問い合わせ:
Zoho PR センター(アクティオ内): 栗原、坂本
TEL:03-5771-6426 E-mail:zoho-pr@actioinc.jp

Zoho サービスに関するお問い合わせ:
ゾーホージャパン株式会社 Zoho事業部
TEL:045-319-4614 E-mail:jp-memarketing@zohocorp.com

*News Release を電子メールで配信希望の方は、電子メールにて
zoho-pr@actioinc.jpにリクエストしてください。
*同様に電子メールの配信を受けている方で、アドレスの変更および配信の
中止の方は電子メールにて zoho-pr@actioinc.jpにリクエストしてください。
*******************************************************************

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。