logo

超リアルな猫の被り物『リアル猫ヘッド』初のオーダー販売がドワンゴジェイピーストアにて決定!

株式会社ドワンゴ モバイル事業本部 2016年07月28日 12時16分
From PR TIMES

株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)のモバイル事業本部が運営する通販サイト「ドワンゴジェイピーストア」にて、本日7月28日(木)より『リアル猫ヘッド』のオーダー販売を開始いたします。



[画像1: リンク ]

<猫人間になれる被り物『リアル猫ヘッド』初のオーダー販売が決定!>
 『リアル猫ヘッド』は、日本羊毛アート学園の代表で猫人形作家の佐藤 法雪(さとう ほうせつ)氏が製作する羊毛フェルトで作られた猫の生命観を自然に表現したリアルな猫の被り物です。どんな方が被っても猫人間になれるのが魅力で、派手な格好からスーツなどどんな格好をしても猫人間になる事ができます。大人だけでなく、小さいお子様が被ると2頭身の可愛い猫人間が出来上がります。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

 そんな超リアルな猫の被り物『リアル猫ヘッド』初の一般販売が「ドワンゴジェイピーストア」で決定。自分だけのお好きな模様の猫ヘッドが手に入るオーダー販売です。短毛で、鮮明に写っている猫の画像があれば約1ヶ月で製作可能。猫人間になってまわりの人を驚かせてみたり、バンドで被ってみたりと楽しみ方は様々です。

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]


<猫人形作家 佐藤法雪氏 プロフィール&インタビュー>
佐藤 法雪(さとう ほうせつ) 
猫人形作家
日本羊毛アート学園 代表
「羊毛フェルトで作る リアル猫人形」など5冊を著書。生命観あふれるリアルな猫を表現した作品を多数発表。
公式ブログ:リンク

■佐藤 法雪氏 Q&A
Q:初めてリアル猫ヘッドを作ったのはいつ頃ですか?
A:2015年の4月頃です。

Q:リアル猫ヘッドの製作に至ったキッカケや目的を教えて下さい。
A:学園祭用に2メートルくらいの招き猫を作った時に、喜んで写真を撮ってくれる人が多くいたので翌年も製作をしていたところ、頭の部分だけ遊び半分で自分の生徒に被せたのが面白かったので、被れるリアルな猫にしてしましおう!と思いました。

Q:リアルな猫を作る上でどういったところに気を使っていますか?
A:生命観を出すようにしています。無理に猫に似せようとすると気持ち悪くなってしまうので無理に似せず自然に見せるように気をつけています。

Q:目も凄くリアルですが、この辺は何か拘りがあるんですか?
A:ただの偶然です(笑)。たまたま当てはめたものが見事にはまっただけなんですよ。

Q:作品を発表したあとの周囲の反応はどうでした?
A:被りたい、欲しいという声が凄くありました。中には「猫になるのが夢だった!」と喜んで被ってくれる人もいました。

Q:これまで販売していなかったリアル猫ヘッドを初めて販売する事について
A:被ってまわりを驚かせたり、SNSなどに投稿したりして楽しんでほしいです。ただ、猫をおどかすと恐がって本気で逃げてしまうのでやめてください・・・。あと冬は被るとあったかいですよ。


<「リアル猫ヘッド」概要>
日本羊毛アート学園代表の猫人形作家、佐藤法雪(さとうほうせつ)氏が作成したねこ人間になるための被り物
■商品名  :  リアル猫ヘッド
■素材   :  羊毛フェルト
■販売種類 :  オーダー販売(短毛のみ)
■価格   :  60万円(税別)
■販売日時 :  2016年7月28日(木)から販売開始
[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]



<ドワンゴジェイピーストア>
■公式サイト リンク
■Facebook リンク
■Twitter リンク

(注意事項)
 ※クリエイターによる手作りのため商品は個体により差異があります。
 ※完全受注生産のため、受注期間を超えた商品や予定販売数が売り切れた商品は、予告なく販売終了致します。ご了承ください。
 ※オーダー販売はお受けできない事もございます。
 ※商品・デザインは予告なく変更する可能性がございます。
 ※各商品の詳細や発送時期などは公式サイトにてご確認ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事