logo

アデコ、雇用労働Q&Aで「マタハラ」「在宅勤務」を解説

アデコは、「教えて!中宮先生 雇用労働Q&A」7月号に「マタニティハラスメントに関する派遣元、派遣先の責任」
と「在宅勤務導入の際の注意点」に関する解説ページを公開しました。


世界最大※1の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)は、「教えて!中宮先生 雇用労働Q&A」7月号に雇用・労働関連法令に関する新しい情報を公開しました。

7月号では、企業の人事担当者に関心が高い内容である「マタニティハラスメント(マタハラ)に関する派遣元、派遣先の責任」「在宅勤務導入の際の注意点」の2つの項目について分かりやすく解説しています。

企業の人事担当者は、労働法制の改正に伴い社内規定の変更や運用の適正化を迅速に実施することが求められ、雇用・労働に関わる最新情報に高い関心を寄せています。「教えて!中宮先生 雇用労働Q&A」は、アデコの営業担当者が企業の人事担当者から寄せられることが多い雇用・労働関連法令に関する疑問について、社会保険労務士の資格を持つ中宮伸二郎氏がQ&A形式で答えるサイトです。

今後も同サイトでは、企業の人事担当者から多く寄せられる質問や関心が高い事項を取り上げ、毎月、情報をウェブサイトに掲載するとともに、企業の人事担当者にメールマガジンで配信します。アデコは人材サービスのグローバルリーダーとして、今後も雇用労働に関する情報を積極的に発信し、企業の職場環境の整備を支援してまいります。

*1: Staffing Industry Analysts 2015、人材サービス企業売上ランキングより

「教えて! 中宮先生 雇用労働Q&A」
URL       : リンク
掲載日      : 毎月25日
中宮先生プロフィール: 中宮 伸二郎氏 社会保険労務士
立教大学法学部卒業後、流通大手企業に就職。2000年社会保険労務士試験合格し、2007年社会保険労務士法人ユアサイド設立。労働法に関する助言を通じて、派遣元企業、派遣社員双方に生じやすい法的問題に詳しい。2007年より派遣元責任者講習講師を務める。

掲載内容
・「マタニティハラスメントに関する派遣元、派遣先の責任」
・「在宅勤務導入の際の注意点」

【企業様向けメールマガジン無料購読のご案内】
アデコ発行の企業様向けメールマガジン『Adecco HR News』は、月に1回、雇用・労働のトレンド情報を無料で配信しています。最新の『Vistas Adecco』に加え、派遣法など労働法制の解説コンテンツや社会保険労務士による雇用・労働Q&A、グローバルトレンドやアデコがおすすめするサービス情報など充実したコンテンツをお届けします。ぜひご登録ください。
▶登録はこちら リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。