logo

ソーラー・インパルス 太陽光エネルギーで初めての世界一周飛行

コベストロジャパン株式会社 2016年07月28日 10時55分
From Digital PR Platform


ドイツ・レバクーゼン、2016年7月26日-
 ふたりのスイス人、ベルトラン・ピカール氏とアンドレ・ボルシュベルグ氏は、太陽光エネルギーのみを使用した初めての世界一周飛行に成功しました。7月26日の早朝、出発地でもあった最終目的地のアブダビに到着したのです。コベストロはソーラー・インパルス・プロジェクトの公式パートナーとして、世界一周飛行に成功したふたりのパイロットと共にこの偉業が達成されたことを大変嬉しく思っています。

 「コベストロの全社員を代表して、この勇気ある挑戦の成功をお祝い申し上げます。このプロジェクトの成功に貢献することができたこと、また開発した新素材によってこれまでの限界を押し広げることができたことを大変光栄に思います」とコベストロのCEOパトリック・トーマスは述べています。

 先週の日曜日の正午、ソーラー・インパルスは世界一周飛行の最終経由地であるカイロから最終飛行へ出発しました。燃料を一切使わずに合計4万キロメートル以上を飛行し、数々の世界記録を更新しています。コベストロはソーラー・インパルスの機体に超軽量素材を提供し、主にコックピットの設計を担当しました。

---
◇コベストロ社について
コベストロ社は2015年度売上高が121億ユーロの世界最大のポリマー製造企業のひとつです。主たる活動分野は、高機能ポリマー材料の生産、および日常生活の多くの分野で使用されている製品の革新的ソリューションの開発です。主要な顧客は、自動車、電気/電子、建築、スポーツ・レジャーの各産業です。コベストロ社(旧バイエル マテリアルサイエンス社)は、世界中の30拠点に生産施設があり、社員数は2016年第1四半期末で約15,700人です。
詳しくはこちらをご覧ください。リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事