logo

Oisixコーナーを展開する“ショップインショップ”強化 東急ストア中目黒本店のOisixコーナーをリニューアル(7/28~)

~売り場デザインはクリエイティブディレクター水野学氏が監修~

 オイシックス株式会社(東京都品川区、代表・高島宏平)は、株式会社東急ストア(東京都目黒区、代表:須田清)が運営する「東急ストア中目黒本店」にて展開しているOisixコーナーの売り場を、本年7月28日(木)にリニューアルをします。青果の色味が映える様、黒の木箱を什器として使用し、コーナーとしての存在感を強めます。
 今回リニューアルするOisixコーナーの売り場のデザインは、クリエイティブディレクターの水野学氏(good design company 代表)が監修しています。
 スーパーマーケット内にOisixコーナーを展開する“ショップインショップ”の取組みは、東急ストア、クイーンズ伊勢丹などの首都圏の店舗を中心に全26店を展開しており、他のショップインショップも順次リニューアルしていきます。




■ Oisixが展開するショップインショップとは?

[画像1: リンク ]


 オイシックスは、2000年より食品ECサイト「Oisix」(リンク)を運営していますが、ネットのチャネルだけでは利用できないお客様も多くいるため、2010年より店舗事業を開始しました。2012年9月からは、自社店舗だけでなく、好立地な他社店舗内にOisixコーナーを開設する“ショップインショップ”をスタートしました。その地域に住むOisixの潜在顧客にアプローチすることができます。

 Oisixコーナーでは、ネットで人気の付加価値の高い野菜や フルーツを中心に、20~50品ほど販売をしています。そのため、スーパーマーケット側はOisixコーナーを設けることで、一般的なスーパーでは仕入れることが難しい特徴的な野菜の販売が可能となります。

 現在、東急ストア、クイーンズ伊勢丹などの首都圏の店舗を中心に、26店を展開しています。


■売り場デザインを監修!水野学氏について

[画像2: リンク ]


 水野氏は、本年4月にリニューアルしたオイシックスの新しいブランドロゴのデザインを手掛けており、今回、ショップインショップの売り場デザインを監修いただきました。リニューアルする売り場では、青果の色味が映える様、黒の木箱を什器として使用し、コーナーとしての存在感を強めます。
 なお、水野氏は本年8月からはオイシックスのクリエイティブディレクターとして就任予定です。


<水野学氏プロフィール>
クリエイティブディレクター/good design company代表/慶應義塾大学特別招聘准教授
東京都出身。1996年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業、1998年good design company設立。ブランドづくりの根本からロゴ、パッケージ、店舗デザイン、コンサルティングまで、トータルにディレクションを行う。
主な仕事に、NTTドコモ「iD」、久原本家 茅乃舎、熊本県キャラクター「くまモン」、中川政七商店ほか。


■店舗概要
<東急ストア中目黒本店>
・Oisixコーナーリニューアル日:2016年7月28日(木)
・Oisixコーナー売場面積:約2.7坪 / ・取扱いアイテム:約50品(青果:約40品、加工品:約10品)
・所在地:東京都目黒区上目黒 1-21-12 / ・営業時間:10:00-23:00


オイシックス株式会社について
 オイシックス株式会社(代表:高島宏平)は、「子どもに安心して食べさせられる食材」をコンセプトに、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など多様な食品と豊かで楽しい食生活に役立つ情報を、オンラインサイト「Oisix(おいしっくす)」(リンク)にて提供する事業を2000年6月より行っています。2013年7月からは、主に働く女性の「忙しくて毎日の食事に妥協したくない」というニーズに応えるため、Oisix基準を満たした安心安全な食材を使い、5種以上の野菜がとれる主菜と副菜の2品が20分で完成する献立キット「Kit Oisix(きっとおいしっくす)」をグランドオープンしました。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事