logo

日本最大級オンラインサロンプラットフォーム「Synapse」が、コンテンツライフを充実させるための『SYNAPSE ONLINE MAGAZINE』をリリース!

シナプス株式会社 2016年07月27日 12時30分
From PR TIMES

シナプス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:田村健太郎、以下、「当社」)は、自社コンテンツを発信していくメディア『SYNAPSE ONLINE MAGAZINE』を2016年7月27日にリリースし、コンテンツの配信を開始しました。



シナプス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:田村健太郎、以下、「当社」)は、自社コンテンツを発信していくメディア『SYNAPSE ONLINE MAGAZINE』を2016年7月27日にリリースし、コンテンツの配信を開始しました。

[画像1: リンク ]



『SYNAPSE ONLINE MAGAZINE』とは?

『SYNAPSE ONLINE MAGAZINE』( リンク )はオンラインサロン・プラットフォーム『Synapse』( リンク )の姉妹サイトとして、コンテンツの楽しみ方を模索していくメディアです。

4年間にわたりオンラインサロンプラットフォームを運営してくるなかで、私たちは身の回りに様々なコンテンツがあふれていることを実感しました。そのなかには、マスへの知名度という点では必ずしもまだメジャーとは言い切れないながら、熱心なファンの方々に支えられていて、確かな熱量を感じることができる。そんなコンテンツ、人々との出会いもありました。

このメディアは、私たちが日本のコンテンツと出会っていくなかで知ったすばらしいコンテンツの数々を、より多くの方々に知っていただきたいという思いから生まれました。もっと日本のコンテンツを知りたい方や、読書や音楽・映画鑑賞といった“コンテンツライフ”を充実させたい方に向けた記事を配信していく予定です。


配信コンテンツ
*FUTURE(特集記事)
旬なテーマやシナプス編集部が注目している話題について、これまでオンラインサロンのしくみを形作るために尽力してきた当社メンバーが発信をしていきます。
第一回目の特集は「都知事選2016特集!」。投票日が近づくなか、各候補様々な選挙戦を展開しています。当社独自の切り口で、都知事選を見直す特集を提供します。

[画像2: リンク ]



*NEWS(ニュース)
当社にてオンラインサロンを主宰している方々に関するニュース情報を配信します。新刊の情報やイベントレポートを中心に、オンラインサロンへ興味を持っていただくキッカケとなる情報を配信していきます。また、オンラインサロンの主宰者の方に直接寄稿していただく記事もあります。

[画像3: リンク ]



*SERIES(連載記事)
テーマを持った切り口で、様々なコンテンツを横断していく企画です。現在、第一弾の企画として「オーナーの本を読んでみた」シリーズの配信がスタートしています。

[画像4: リンク ]



本取り組みとSynapseの今後について
Synapseが4年前に開始した「オンラインサロン」は、今年に入って開設者が急増中、市場拡大の兆しを見せております。Synapseでは今後オンラインサロンを軸に、コンテンツを生み出すすべての人が快適にコンテンツ作りに注力できる仕組み、コンテンツを愛する全ての人が熱狂的なコンテンツ体験を得られる仕組みを次々生み出してまいります。

先月公開したiOSアプリ、本日発表させていただいた「MAGAZINE」に続き、オンラインサロン体験を拡充する仕組みを複数開発中、初秋リリースを見込んでおります。


参考URL
オンラインサロンプラットフォーム「Synapse」
リンク

Twitter
リンク

Facebook
リンク

関連リリース「日本最大級オンラインサロンプラットフォーム「Synapse」が、独自プラットフォームをアップデート、iOSアプリの配信開始。」
リンク

SYNAPSE ONLINE MAGAZINE 創刊の辞
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。