logo

ダッソー・システムズが技術協力するソーラー・インパルス2が世界一周を達成

ダッソー・システムズ株式会社 2016年07月27日 00時31分
From PR TIMES

ダッソー・システムズが技術協力するソーラー飛行機「ソーラー・インパルス2」が、2016年7月26日(協定世界時)未明に出航地のアブダビ(アラブ首長国連邦)に帰還し、世界一周飛行を達成しました。太陽エネルギーだけを動力源とした世界一周飛行の達成は、世界初の快挙です。2015年3月9日から始まったソーラー・インパルス2の世界一周飛行は、合計4万キロメートル、17回に及ぶ飛行を経て、無事に完了しました。2015年6月には名古屋に緊急着陸し、日本の多くの人々にもその姿を披露しました。



[画像: リンク ]

ソーラー・インパルス2の機体は、翼幅が72メートル(ボーイング747-81の翼幅以上)と大型でありながら、重量はわずか2.3トン(自動車一台分に相当)と、極めてユニークです。この機体の設計やシミュレーションには、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームが活用されています。

ダッソー・システムズのソーラー・インパルス2への技術協力やプロジェクトの概要については、下記もあわせてご参照ください。

特設ページ
リンク
・機体のスペックやパイロットのコメント、機体軽量化への取り組みを紹介
・コックピット内部を体験できるバーチャルツアーを公開(PCのみ対応)

ビデオ(パイロットの抱負や機体設計の様子を収録)
リンク

「無燃料飛行」(広報誌COMPASS掲載記事)
リンク

2014年12月14日付ニュースリリース
ダッソー・システムズとソーラー・インパルス社、ソーラー飛行機の未来に新たなページを刻む
リンク

※ ダッソー・システムズ広報では、報道用の各種映像素材 (MP4フォーマット、30秒~4分程度) をご用意しています。ご希望の場合は下記、報道関係者お問い合わせ先までご連絡ください。
※ ソーラー・インパルス2の航路、発着記録などは、ソーラー・インパルス・チームの公式ホームページ (リンク) (英語) をご参照ください。

(以上)

ダッソー・システムズについて
ダッソー・システムズは、3Dエクスペリエンス企業として、企業や個人にバーチャル・ユニバースを提供することで、持続可能なイノベーションを提唱します。世界をリードする同社のソリューション群は製品設計、生産、保守に変革をもたらしています。ダッソー・システムズのコラボレーティブ・ソリューションはソーシャル・イノベーションを促進し、現実世界をよりよいものとするため、バーチャル世界の可能性を押し広げます。ダッソー・システムズ・グループは140カ国以上、あらゆる規模、業種の約21万社のお客様に価値を提供しています。より詳細な情報は、www.3ds.com (英語)、www.3ds.com/ja (日本語)をご参照ください。

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事