logo

【FXに関するアンケート調査】

MyVoice 2016年07月27日 08時30分
From PR TIMES

FXの認知率は8割弱、利用経験者は8%、現在取引している人は4%。利用意向は1割で、現在取引者の8割弱




マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、4回目となる『FX(外国為替証拠金取引)』に関するインターネット調査を2016年6月1日~5日に実施し、11,531件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 リンク

━━<< TOPICS >>
■FXの利用経験者は8%、男性30・40代で比率高い。現在取引者は4%、認知率は8割弱
■FXの利用意向は1割。現在取引者8割弱、取引中止者3割弱、「取引したことはないが、内容を詳しく知っている」2割強
━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆FXの利用状況
FXの利用経験者は8.4%、「現在、取引をしている」「現在は取引していないが、過去には行っていた」が各4.2%です。男性30・40代では利用経験者が2割、現在利用している人が1割みられます。認知率は、利用経験者に「取引したことはないが、内容を詳しく知っている」「取引したことはないが、名前は知っている」を合わせて8割弱となっています。
[画像1: リンク ]



◆FXの取引時期、頻度
FX取引経験者のうち、「1か月以内」「1年より前」に取引した人は各4割です。「それ以上前(3年より前)」は3割弱で、過去調査に比べて増加しています。

また、取引する頻度を聞いたところ、「毎日」が20.5%、「週に1~2回」」が16.3%となっています。「週1回以上」は合わせて6割弱です。


◆FXを利用している金融機関、選定理由
現在FXを取引している人に、主に利用している金融機関を聞いたところ、「DMM.com証券」「SBI FXトレード」が各1割強、「SBI証券」「ヒロセ通商」「GMOクリック証券」「楽天証券」「外為どっとコム」が6~7%で上位にあがっています。女性では、「DMM.com証券」「SBI FXトレード」が同率1位です。

FXを取引している金融機関の選定理由は、「手数料が安い・無料」(58.0%)が最も多く、以下「スプレッドが狭い、固定されている」「取引ツール、取引画面の使い勝手がよい」「システムが安定している」「口座を持っている」が各2~3割で続きます。SBI証券主利用者では、「口座を持っている」が2位となっています。


◆FXの取引意向
FXの取引意向がある人は9.9%で、男性1割強、女性約7%となっています。男性40代以下では2割前後みられます。FXの現在取引者では8割弱、取引中止者では3割弱、「取引したことはないが、内容を詳しく知っている」層では2割強となっています。
[画像2: リンク ]



──<< 回答者のコメント >>
◆FXのイメージ (全7,412件)
・賢い人が職として時間を費やせば、だいぶ稼げるかも知れない。(男性19歳)
・負けたら負けた分だけ支払わなければならないため、最悪でも紙切れになるだけの株より危険。(男性23歳)
・ずっと見ておかないといけないので、大変である。(男性31歳)
・元手がある程度ないと心配で取引もろくにできない。(男性37歳)
・バイナリーオプションは丁半博打と何ら変わりがなく投資ではない。(男性45歳)
・投資なので簡単ではないが傾向を理解できれば利益が出る。(女性19歳)
・ギャンブル的な要素を感じるため、簡単には手を出せないと思っている。(女性31歳)
・小額な資金で始められるが、世界経済に敏感でないと儲けるのは難しい。(女性46歳)


──<< 調査結果 >>
<第4回>(2016/6) リンク
<第3回>(2014/6) リンク
<第2回>(2012/5) リンク
────────────────────────

※公開しているWEBページはリンクフリーとなっており、リンクのご連絡も不要です。

★マイボイスコムでは「アンケートモニター」を募集しています。
貴方もモニターになって、アンケートに参加しませんか?
(詳細はこちら)リンク

<調査結果に関するお問合せ>
マイボイスコム株式会社
(TEL)03-5217-1911 /(MAIL)otoiawase@myvoice.co.jp

<会社概要>

【会社名】 マイボイスコム株式会社
【代表者】 代表取締役 高井和久
【設 立】 1999年7月
【資本金】 1億7,800万円
【所在地】 東京都千代田区神田錦町3-17-11 榮葉ビル5階
【企業HP】 リンク


(これまでの自主調査一覧)
リンク
(アンケートデータベース)
リンク
(モニターページ)
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事