logo

日本一高い場所で、SNSで作る新聞 「富士山新聞」リリース

株式会社山梨日日新聞社 2016年07月27日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年7月27日

株式会社山梨日日新聞社

日本一高い場所で、SNSで作る新聞
「富士山新聞」リリース
8月から5合目限定で発行

 山梨日日新聞社(山梨県甲府市北口2丁目)は8月1日から、山梨県側の富士山5合目で「富士山新聞」を発行します。利用者が拡大しているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使って製作するプライベート新聞です。富士山5合目は標高2,305メートルあり、日本一高い場所での新聞発行となります。SNSで作る富士山新聞ポストカードも併せて、販売いたします。


<概要>

 富士山新聞は、利用者が富士山5合目や山頂でFacebook(フェイスブック)またはInstagram(インスタグラム)に投稿した写真やコメントと、専用サイトに用意した新聞テンプレート(ひな形)を自動的に組み合わせて作成します。友人からのコメントもレイアウトされます。山梨日日新聞社が撮影、厳選した富士山の空撮写真をはじめ、世界文化遺産として登録された理由、富士山に関するトリビアを紹介する記事も掲載されます。作成した新聞は、5合目にある観光施設「富士急雲上閣」で富士ゼロックス株式会社のプリンターで高画質印刷し、限定販売します。日本語版のほか、英語版も発行します。大きさはA3判で、オリジナル包装箱が付き、1枚1000円(税別)です。新聞はイメージそのままSNSでシェアすることもできます。

 SNSで作るポストカードは、新聞同様、フェイスブックまたはインスタグラム上に投稿した写真やコメントを専用サイトに用意したテンプレートで作成します。山梨日日新聞社が撮影した美しい富士山の写真が入り、4枚組で600円(税別)で販売します。

 富士山新聞、ポストカードともシステムは、ハピログ株式会社(富山県高岡市)と共同開発。雲上閣を運営する富士急行株式会社(山梨県富士吉田市)、富士ゼロックス株式会社(東京都港区)・富士ゼロックス多摩株式会社(東京都立川市)、株式会社アピックス(大阪市中央区)と企画から運用までを連携し、発行・販売します。今後、中国語版もリリースする予定です。

 詳細は、リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事