logo

中央大学理工学部が国内大学で初となるSAS社のeラーニング・コンテンツを導入

中央大学 2016年07月26日 08時05分
From Digital PR Platform


中央大学理工学部(東京都文京区)は今年7月、SAS Institute Japan株式会社(東京都港区)のeラーニング・コンテンツを国内で初めて導入した。これは、SASプログラミングの基本操作と統計学の基礎知識を学習できるよう開発された教育コンテンツ。このコンテンツの導入により、理工学部における統計学教育の充実と学生の統計学リテラシーの向上を目指す。


 統計学への社会的需要は年々増加しているが、それに応える統計学を履修した学生数は圧倒的に不足しており、多くの大学は学生に統計学を基礎から教育しなければならないという課題を抱えている。
 こうした中、中央大学理工学部では、学生の統計学リテラシーの向上、統計学教育の充実と統計に秀でた学生の安定的な輩出を目的として、統計学の運用ソフトとして高い実績と信頼性を誇るSASを習得できるeラーニング・コンテンツを導入した。

 このeラーニング・コンテンツは、同大が全学で導入している学習支援システム「manaba」上で動作し、音声ナレーションを含む画面操作ナビゲーションが付いた動画コンテンツ。SASのデータハンドリングから統計初歩までの使用方法をプログラムベースで学習でき、利用者は約10時間でSASプログラミングの基本操作と統計学の基礎知識を習得できるように設計されている。

 理工学部人間総合理工学科では、今後入学する学生に対して、2年次終了までにこのeラーニング・コンテンツの受講を義務化することを検討しており、これにより学生は必要最小限の統計学リテラシーを習得することが可能となる。さらに同学科の学生のうち、少なくとも4分の1の統計検定2級の取得を教育目標として設定。これによって統計リテラシーの高い学生の安定的な輩出を実現し、統計学リテラシーを同学科卒業生の一つの能力的支柱へと発展させることを目指す。

●中央大学HP
 リンク

●SAS Institute Japan株式会社HP
 リンク

▼本件に関する問い合わせ先
 中央大学理工学部人間総合理工学科 教授
 檀 一平太
 TEL: 03-3817-1715

▼取材に関する問い合わせ先
 中央大学広報室
 TEL: 042-674-2050
 E-mail: kk@tamajs.chuo-u.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事