logo

TOEFL(R)テスト受験に向け、無料オンライン講座(9月7日開始)の登録スタート

TOEFL 2016年07月25日 15時02分
From 共同通信PRワイヤー

TOEFL(R)テスト受験に向け、無料オンライン講座(9月7日開始)の登録スタート

AsiaNet 65194 (0897)

【プリンストン(米ニュージャージー州)2016年7月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*第1回「TOEFL(R) Test Preparation: The Insider's Guide」コースには20万人近くの学習者が参加

英語で授業をする海外の大学で学ぶことは将来の成功のために無限の可能性を与えてくれるが、TOEFL(R)テストがその成功への第一歩になる。このテストの作成者が受験者の英語のスキルを向上させると同時にTOEFLテストを子細に理解するための6週間の大規模公開オンライン講座(MOOC)を開発した。

7月25日から、誰でもハーバード大学およびマサチューセッツ工科大学が設立した非営利のオンライン講座センター「edX( リンク )」を通じて第2回MOOC「TOEFL Test Preparation: The Insider's Guide」に登録できる。

第2回コースは2016年9月7日、世界一斉にテストの概要説明を持ってスタートすることになっている。その後の4週間はテスト対象の「リーディング」「リスニング」「スピーキング」「ライティング」の4スキルに1週間ずつ割き、最後の6週目はテスト当日の心得や役に立つヒントの提供に当てられる。

成功裏に終わった第1回コースには200を超える国々からの参加者がTOEFLの専門家から直接学び、英語で学ぶ授業に必要な英語のスキルを鍛えた。第2回コースの参加者も同じ学習環境で学ぶことができるが、その中には各種レクチャー、ビデオ、過去のテストから選んだ質問例および解答解説が含まれる。「スピーキング」と「ライティング」のレクチャーではTOEFLテストの作成者が参加者の回答の中からいくつか選び、評価とフィードバックを行うことになっている。

参加者はテストの各セクションについての広範な理解、役に立つヒント、登録関係の情報を得るだけでなく、学習サイトのディスカッション・ボードの場を通じて世界の学生と出会い、情報交換をする貴重な機会も得ることができる。参加者は独自に研究会を組織し、英語学習や海外での学習の準備について自分が得た個人的な情報を共有することもできる。参加者にとってグローバルな教室ともいうべき構成になっており、自分の都合の良い方法、時間に合わせて交流が可能だ。

この大規模公開オンライン講座に参加しても週に2時間以上取られることはない。MOOCコース自体は無料であるが、獲得した知識やスキルを表するコース修了証明書を入手する有料のオプションもある。

このコースはインターネット接続が可能な殆どの機器で聴講可能である。TOEFLで最高のスコアを達成したい受験希望者はウェブサイト(リンク )で本日(25日)から登録されたい。

▽TOEFL(R)テストについて
TOEFLテストは世界で最も広く使われている英語の評価テストで、130カ国以上の9000を超える団体によって採用されている。現在までに3000万人を超える学生がTOEFLテストを受けている。TOEFLテストの登録、勉強上のアドバイス、過去の問題を含め、詳しい情報はTOEFL(R)Go Anywhereのウェブサイトwww.toeflgoanywhere.org を参照。

▽ETSについて
ETSは厳格な調査に基づいたアセスメント評価を創造することで、世界の人々に対する高品質で公平な教育の提供を推進している。ETSは個人、教育機関、政府機関を対象に教職課程、英語学習、初等・中等、中等後教育に向けたソリューションをカスタマイズすることに加え、教育分野の研究、分析、政策研究を行っている。ETSは1947年に非営利団体とし創設され、現在は世界180カ国以上の9000を越える場所で年に5000万件以上のテストを行い採点しているが、その中にはTOEFL(R)およびTOEIC(R)テスト、GRE(R)テスト、The Praxis Series(R)アセスメントが含まれる。ウェブサイトwww.ets.org 参照。

ソース:TOEFL

▽問い合わせ先
Allyson Norton, +1-609-759-5774, amnorton@ets.org


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事