logo

スーパーエンジニアの独り言 > 第58回 空飛ぶモンティ・パイソン

CTC教育サービスはコラム「 スーパーエンジニアの独り言 > 第58回 空飛ぶモンティ・パイソン 」を公開しました。

###
第58回 空飛ぶモンティ・パイソン 2016年7月
『モンティ・パイソン登場』

「空飛ぶモンティ・パイソン」"Monty Python"s Flying Circus" は、イギリス国営テレビ BBC (British Broadcasting Corporation) で放送された画期的に独創的で且つ過激なコメディ番組です。

英国公共放送BBC制作で "Monty Python"s Flying Circus" は1969年放送開始しました。番組は本国イギリスで受け入られて西ドイツでは特番も組まれるなど人気はヨーロッパ全域へと広まり好評を博しました。後年には米国(1975年)や日本(1976年)でも「モンティ・パイソン」"Monty Python" の特番や編集版がテレビ放送されて世界中で番組を視聴されるに至りました。

世界中の自由を愛する人々を魅了したこの番組コンテンツの主体は「スケッチ」"Sketch" と呼ばれる日常を模した風景を、毒や奇抜さで味付けし見慣れた街並みや風景を非日常と化すコントがシュールで秀逸でした。

有名なスケッチとしては、「馬鹿歩き省」"Ministry of Silly Walk"、「キラーラビット」"Killer Rabbit"、「死んだオウム」"Dead Parrot"、「スペイン宗教裁判」"Spanish Inquisition"、そして、「スパムの多い大衆食堂」"Spam" といったスケッチ・タイトルにごく一部を眺めるだけで無遠慮にタブーにズケズケと不敵な笑みを浮かべながら踏み込んでいく繊細さと大胆さが伝わります。中でも「スパム」"Spam" というスケッチが「スパムメール」(Spam mail) の語源であったのは筆者も最近知りました。その基になったニュアンスは「スパム」スケッチを観て頂ければすぐにお判りになると思います。是非、御覧ください。

番組を構成する主要メンバーは「パイソンズ」(Pythons)と呼称され五人の英国人と一人の米国人(番組開始時には英国籍を取得済み)の六人です。

Pythons の面子はグレアム・チャップマン (Graham Chapman)、ジョン・クリーズ (John Cleese)、エリック・アイドル (Eric Idle)、テリー・ジョーンズ (Terry Jones)、マイケル・ペイリン (Michael Palin)、そして、当時アニメーターであったテリー・ギリアム (Terry Gilliam) です。加えてスケッチに色彩を加えるキャロル・クリーヴランド (Carol Cleveland) やニール・イネス (Neil Innes) らも Pythons の連中と言えるでしょう。

2012年に開催されたロンドンオリンピックの閉会式 (London Olympic 2012 Closing Ceremony) にはパイソンズ "Pythons" の一人が登場したのをご存知でしょうか。「開会式」"Opening Ceremony" で「Mr. ビーン」 (Mr. Bean) でご存知の「ローワン・アトキンソン」"Rowan Atkinson" が登場したのにシンクロして(対を成して)閉会式に人間大砲から飛び出して唄を合唱したのは エリック・アイドル (Eric Idle) その人だったのです。気づかれた方も多いと思いますが、パイソンズと所縁の深いローワン・アトキンソンを最初と最後のサンドイッチ形式でブッキングしたBBC(英国国営放送)は憎い演出をしてくれました。このエピソードは一端にしか過ぎないのですが「モンティ・パイソン」(Monty Python) が奏でた痛烈な風刺と皮肉に満ちた偏屈な愛情の電波が世界中の隅々までに届いて居てそれは今でも愛されている証でありましょう。

『グイド・ヴァンロッサムとモンティ・パイソン』

「空飛ぶモンティ・パイソン」"Monty Python"s Flying Circus" が大好きだった世界中のファンの一人にオランダ人の「グイド・ヴァンロッサム」(Guido van Rossum, GVR) がいます。彼が開発したプログラミング言語「パイソン」"Python" の名前の由来は、このテレビ番組から拝借したというのが本人の弁です。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。