logo

オリジナルグッズサービス上半期の手帳型ケース生産個数を大公開!なんと、伸長率は230%!



オリジナルグッズ制作サービス「オリジナルケースファクトリー」は、2016年1~6月の生産個数は全商材合計で230%伸長しました。中でも昨年より販売開始した汎用型手帳ケースが2016年度の上半期だけで累計生産個数約20,000点となり、昨年度累計実績の15,000点を超えました。

[画像1: リンク ]

また、株式会社ベーシックが運営しているECサイト【phocase】でも2014年の10月より手帳型ケースの販売を始めたところ、若い女性を中心に売れ始め、 現在ではスマホカバー売上の7割が手帳型ケースとなっています。
お客様からの声によると、手帳型ケースが好まれる理由は1.定期などのICカードが入れられて便利 2.画面が傷つきにくい 3.布やレザー風の素材感がかわいいからのようです。
2016年度もよりオリジナル手帳型スマホケースがトレンドになっています。
オリジナルケースファクトリーの手帳型スマホケースは形状も1から
 




Android 手帳型ケース



[画像2: リンク ]


●Android用はミラー付き Android用の手帳型ケースは、カメラ穴はありませんが、ミラーとカードが3枚入るポケット付きの多機能タイプになっています。スマホを装着する部分が裏面と別れているので、ケースをつけたままカメラで撮影することができます。

●Android端末共通のケースだから販売しやすい Android用はスマホを粘着シートで接着するタイプなので、Android端末共通で使えます。新機種がどんどん増えるので販売担当の方はどの機種を作れば良いのか迷う所ですが、こちらは1サイズで複数の機種をカヴァーできるので発注管理がしやすいメリットがあります。

▶︎詳細はこちら

リンク
 




iphone 手帳型ケース



[画像3: リンク ]

●iPhone用はカメラ穴つき iPhoneシリーズ用の手帳型スマホケースはカメラ穴つきなので、ケースをつけたままカメラで撮影ができます。

●フタを折りたたんでスタンドに iPhone用は表のフタが折りたためるタイプ。 動画を見る時など、スタンド代わりにできて便利です。

▶︎詳細はこちら
リンク
 



格安スマホ 手帳型ケース


[画像4: リンク ]

●楽天モバイルやYahooモバイルをはじめとする「格安スマホ」の利用者も増えています。手帳型ケース【汎用】タイプは、大きさの近い機種なら複数の機種に使えるので、格安スマホの各機種のユーザーも同時にカヴァーできるのです。特に若年層に人気です。
 
▶︎詳細はこちら
リンク



【関連情報】


◆オリジナルケースファクトリー
リンク

オリジナルケースファクトリーは、商品を製作する前のノウハウから販売まで営業がトータルサポート。さらにオリジナルスマホケース、オリジナルグッズが1個から作成できるOEMサービスです。iPhone、Android、格安スマホなど全機種対応のスマートフォンケース・カバーを中心に、スマホリング、モバイルバッテリー、社員証入れ、Tシャツ、ハンドタオル、マグカップ等のオリジナルグッズを、最少ロット1個(※1)から発注できます。
マーケティング企業が行う商品企画力で、企業のブランディング活動、商品企画担当者を支援します。
※1 初回法人様のお取引に限り30個からの発注となります。2回目以降、1個からでも発注可能となります。
(30個の組み合わせ例:30デザイン×1機種、1デザイン×30機種など)
※2 初回個人様のお取引に限り100個からの発注となります。2回目以降、1個からでも発注可能となります。
(30個の組み合わせ例:100デザイン×1機種、1デザイン×30機種など)

▽商品お問い合わせ先
Web:リンク
TEL:0120-151-774 / 担当:大和・西岡
(平日10:00~18:00)



【会社概要】


◆株式会社ベーシック
リンク

(代表者)秋山 勝 / (本社)東京都千代田区一番町17-6 一番町MSビル1F / (設立)2004年3月 (資本金)3億1,060万円 / (従業員数)85名 (事業内容)比較メディア開発・運営 / フランチャイズ支援 / Webマーケティング施策支援 / スマートフォンアクセサリー企画販売

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。