logo

XCMGはアリババとの提携による初の工業用クラウド・プラットフォームXCMG-Cloudを導入

XCMG 2016年07月22日 15時40分
From 共同通信PRワイヤー

XCMGはアリババとの提携による初の工業用クラウド・プラットフォームXCMG-Cloudを導入

AsiaNet 65182(0899)

【徐州(中国)2016年7月21日PR Newswire=共同通信JBN】XCMGは7月15日、第4次産業革命におけるXCMGの全データと情報システムに基づく前例のない極めて包括的な工業用クラウド・プラットフォームであるXCMG-Cloudの導入に成功した。

クラウド・コンピューティングの大きな可能性に注目するXCMG は、伝統的な製品と市場モデルに革命をもたらし、同社をインターネット技術に支えられたプラットフォーム・ベースかつサービス志向の企業に変えることを目指している。設定可能、多言語、高並列、拡張可能なXCMG-Cloudプラットフォームは、世界中のユーザーにサービスを提供することができ、オープン・シェアリングの普及を促進する。

アリババグループ(Alibaba Group Holding Limited)のクラウド・コンピューター・サービスプロバイダーであるAliCloudとの共同事業は、まず5月7日に発表され、5月17日に開発段階に入った。同チームはちょうど2カ月で成功を収め、見習うべき先行完成事例さえ世界のどこにもなかった。

XCMG-Cloudはオンライン化しており、「XCMGカップ」グリーン・イノベーション・デザイン・コンペティション("XCMG Cup" Green Innovation Design Competition)の参加者はクラウド・プラットフォームを通じて彼らの作品を提出することができる。同コンペティションはこれまで米国、ドイツ、ブラジルなど世界から431人の参加者を集めている。小型・低雑音の翼型ファンのテクノロジー・クラウドソーシング・プロジェクトは、既にクラウドで発表されている。

XCMGのアシスタント・プレジデントであるシュー・シャオフイ氏は「『XCMGカップ』はXCMGの工業用クラウド・コンストラクションの入り口である。これは、経済成長と環境管理、社会的責任のバランスを取るXCMGの長期的な開発戦略と高度に一致している。これは世界の持続可能な開発に貢献するための当社のコミットメントである」と語った。

世界中の全てのXCMGの子会社は「XCMGカップ」のプロジェクトを主催することに加え、将来、議論を遂行し、プロジェクトを企画し、スマートファクトリーでアプリケーションを実装するため、クラウドで研究課題を発表することができる。XCMGはまた、建設機械業界で初の革新的なクラウド「エコシステム」を構築するため、創造的な知性を歓迎しており、デジタル・テクノロジーと製造業を統合することによって、世界中の同業界に新たな機会を提供する。

詳しい情報はwww.xcmg.comを参照、またはFacebook、Twitter、YouTube、LinkedIn、InstagramでXCMG Groupのフォローを。

▽XCMGについて
XCMGは73年の歴史を持つ多国籍の重機製造会社である。同社は現在、世界の建設機械業界で9位にランクされている。同社は世界の170以上の国・地域に輸出している。

ソース:XCMG

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。