logo

ドラゴンクエスト30周年企画「ドラゴンクエストミュージアム」いよいよ開幕!

株式会社キョードーメディアス 2016年07月22日 12時18分
From 共同通信PRワイヤー

(株)キョードーメディアス

ドラゴンクエスト30周年企画「ドラゴンクエストミュージアム」いよいよ開幕!

7月24日より渋谷ヒカリエ ヒカリエホールで開幕するドラゴンクエスト30周年企画「ドラゴンクエストミュージアム」のマスコミ向け内覧会が開催され、ドラゴンクエストの生みの親であるゲームデザイナー・堀井雄二、狩野英孝、宮澤エマ、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、TKO木本武宏、TKO木下隆行が登場。開幕を祝うテープカットが行われた。併せてファンアートコンテストと「モンバーバラの踊り子」オーディションの受賞者の表彰が行われ、「モンバーバラの踊り子」オーディションでのグランプリ獲得者によるマーニャダンス披露も行われた。

ミュージアムのテーマは「新たなドラゴンクエストの世界」。知っているのに初めて見る世界という驚きが詰め込まれたミュージアムで、シリーズIからXまでそれぞれの世界を、新しいコンセプトで再現している。ロト3部作の物語を絵画としてつむぐ「ロト伝説の画廊」や、鍛冶職人が製作した原寸大の「伝説のロト装備」などの2次元から3次元の展示に加え、「石版パズル」「スーパーハイテンション体験装置」ではゲームの世界を体験することもできる。超巨大シアターで繰り広げられる「オールスター集結バトルシアター」は迫力満点だ。

一足先に体験した感想を聞くと、堀井は「30年のいろんなことを思い出して感無量です。特にジオラマが素敵でじっと見ちゃった。ドラクエを愛してくれた人にも、知らない人にも楽しんで頂けると思います」と感動の様子。木下は「僕が初めて冒険したのはドラクエ。14歳の頃にタイムスリップして思い出しました!」、木本は「時間をたっぷりとって見にきてほしいミュージアム。特に360度から見ることができるジオラマの完成度がすごい!」と大絶賛。狩野は「ゲームの世界がリアルで、子供の頃を思い出しました! ロトの鎧に心を奪われてずっと見ていられました!」、夢眠は「生まれる前からドラクエがあったので、人の気持ちをドラクエで学んだ人生の師匠。体を動かして遊べるコーナーでは、ゲームのなかに入ったようでした!」と興奮を抑えられない様子だった。

ドラクエファンの熱い思いに触れ、堀井が「30年頑張ってきたかいがありました。嬉しいです」と喜んだ。ドラクエをやったことがない宮澤は、ミュージアムに入る前と後とでは別人だそう。「ドラクエの世界感がディープで複雑で、すっかりファンになりました。皆さんのドラクエ愛に憧れます。今からはじめます!」と目を輝かせ、堀井は「これを機会にやってもらえたら嬉しいです」と目を細めた。

会場内のカフェでは、スライムのプチカレーやホイミスライムのパンケーキなど、モンスターがデザインされたメニューが盛り沢山。食べるのがもったいないぐらい可愛く、とても美味しい。あれもこれもと欲しくなるドラゴンクエストの世界観たっぷりの限定オリジナルグッズも販売されている。
 開幕に先立って先行体験ができる22、23日の限定メタルチケットはすでに完売の人気。この夏は、ドラクエの世界を満喫できるドラゴンクエストミュージアムで新たな体験をしよう!
         
【イベント概要】
タイトル  ドラゴンクエストミュージアム
日 程   2016年7月24日(日)~9月11日(日)
      ※会期中無休
      ※10時~11時は「朝チケット」購入者のみ入場可
      ※最終入場21:30
会 場   ヒカリエホール(渋谷ヒカリエ9階)
主 催   ドラゴンクエストミュージアム製作委員会
      [電通 TBSテレビ TBSラジオ 朝日新聞社]
協 力   東北新社 ドットフレーム ムービック
制作協力  肥後虎 丸武産業 INEI 海洋堂 神風動画
特別協力  東急電鉄 渋谷ヒカリエ
企画・監修 ドラゴンクエスト30周年実行委員会
企画協力  スクウェア・エニックス 集英社
企画制作  電通
公式サイト リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事