logo

いよいよ日本で公開、世界で話題のスマホゲームで国内のマクドナルド約2,900店舗が「ジム」と「ポケストップ」に!『Pokemon GO』& 日本マクドナルド

日本マクドナルド株式会社 2016年07月22日 11時39分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)とNiantic, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジョン・ハンケ)と株式会社ポケモン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は、7月22日(金)公開の、ポケモン、NianticによるiOS/Android向けアプリ『Pokemon GO』(読み方:ポケモン・ゴー)とのコラボレーションを実施することを発表します。単独ローンチパートナーとして、国内のマクドナルド店舗(約2,900店舗※)が同ゲーム内の特別な場所である「ジム」や「ポケストップ」として登場します。

『Pokemon GO』は、位置情報を活用したモバイル向けのゲームアプリケーションであり、現実世界そのものを舞台として、プレイヤーが実際に家の外に出てポケモンを捕まえたり、バトルしたりするといった体験ができるゲームです。プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動しており、プレイヤーが現実世界を移動すると、ゲーム内でも同様に移動する点が特徴です。プレイヤーが現実世界を歩くことでゲームが進んでいくため、「リアルワールドゲーム」と呼ばれている注目のゲームジャンルです。

今回のコラボレーションは、『Pokemon GO』の中で、国内のマクドナルド店舗(約2,900店舗※)が、さまざまなアクションができる場所としてゲーム上のマップに登場します。約400店舗は他プレイヤーのポケモンと戦う「ジムバトル」などが行われる「ジム」となります。残る約2,500店舗が対象の「ポケストップ」では、プレイヤーはモンスターボールなどのゲームを進める上で必要となるさまざまな道具を手に入れることができます。   

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事