logo

名古屋鉄道オリジナル曲「この街」を題材にしたアニメーションを発表“父と娘の心をつなぐ“スペシャルムービー「大切な人が待つ場所へ。大切な想いを乗せて。」2016年7月21日(木)より公開開始

名古屋鉄道株式会社 2016年07月21日 14時00分
From PR TIMES

楽曲を担当した小田和正さんも登場!

楽曲を担当した小田和正さんも登場!
名古屋鉄道オリジナル曲「この街」を題材にしたアニメーションを発表
“父と娘の心をつなぐ“スペシャルムービー
「大切な人が待つ場所へ。大切な想いを乗せて。」
2016年7月21日(木)より公開開始
リンク




[動画: リンク ]



 名古屋鉄道株式会社(代表取締役社長:安藤隆司/本社:愛知県名古屋市、以下、名古屋鉄道)は、“父と娘の心をつなぐ“スペシャルムービー「大切な人が待つ場所へ。大切な想いを乗せて。」を2016年7月21日(木)より公開開始いたします。 (特設サイト:リンク)

 名古屋鉄道は2011年より、「ココロをつなぐ、あしたへはこぶ。」をスローガンにお客さまと社員に向け、
コミュニケーション施策を行ってまいりました。今回、新たな展開として2014年から使用している、小田和正さんが名古屋鉄道のために書き下ろしたオリジナル曲「この街」の世界観をコンセプトとした、アニメーションのWEBムービーを企画・制作いたしました。
 本編では実際の名鉄電車や駅をもとにアニメーションが制作されており、名鉄の象徴・赤い電車、特急車両が描かれている他、楽曲を担当した小田和正さんが登場する1コマも用意されています。
 思春期以来うまく話せなくなり、長年すれ違っていた父と娘の心が時を経て繋がる、あたたかいストーリーに仕上がりました。
 今回のムービーを基に、TVCM(7/21より)および駅貼ポスター(8月上旬)の展開も予定しております。
[画像1: リンク ]



■本編の見どころ

[画像2: リンク ]

ポイント1.小田和正さんがストーリーに登場
オリジナル曲を歌う小田和正さんがアニメーションの中で、キャラクターとして登場。主人公ミキの過去の回想
シーンでギターを抱えて電車に揺られています。


ポイント2.実存する駅や電車をモチーフに、環境音は実際のものも使用

[画像3: リンク ]

今はもう走っていない懐かしいパノラマカーや名鉄の象徴・
赤い電車、特急車両など、実際の名鉄電車や駅をもとに
アニメーションを制作。駅は交通の要所である名古屋中心部や、そこからアクセスできる街をモチーフに描かれています。
電車音や駅の環境音は、実際のものも使用しています。


■WEBムービー概要
タ イ ト ル :「大切な人が待つ場所へ。大切な想いを乗せて。」
公 開 日 :2016年7月21日(木)
U R L :リンク
制  作 名古屋鉄道株式会社:株式会社ロボット / 株式会社パインズ (アニメーション)


<コンセプト>
ふりかえって思い出すのは、特別な日ばかりではありません。あたり前にある毎日に、ふだんは気づかない大切なモノがたくさんつまっています。名古屋鉄道は地元の鉄道会社として、この街の人の、ささやかで、でもかけがえのない毎日に寄り添い、あたり前にある毎日を、あたり前にいつまでも支えつづけたい、と考えています。
その想いを、多くの人の心に寄り添うカタチで伝えたいと思いました。そこで、企業のスローガンである「ココロをつなぐ、あしたへはこぶ。」を起点に、小田和正さんのオリジナル曲「この街」の世界観でメッセージを伝える「父と娘の心をつなぐ」ストーリーを企画制作しました。


<ストーリー>
東京で暮らす主人公・ミキは、婚約者を紹介するため、実家に向かう。乗り継ぎの駅で、ホームにいる父娘を目にして、心に引っかかっている父との記憶を思い出す。「お父さんと、ちゃんと話すの、いつぶりだろう…」。
ミキの伝えられなかった想いを乗せて、電車は地元の駅へと走っていく。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。