logo

エンタープライズDBは米国政府がEDB Postgres Advanced Serverセキュリティ技術導入ガイドを公開したことを発表します

エンタープライズDB株式会社 2016年07月21日 11時00分
From DreamNews

2016年7月21日 エンタープライズDB株式会社

エンタープライズDBは米国政府がEDB Postgres Advanced Serverセキュリティ技術導入ガイドを公開したことを発表します


業界をリードするPostgresデータベース会社である、エンタープライズDB株式会社(東京都新宿区、代表取締役:藤田祐治、以下、EDB (US本社EnterpriseDB Corporation: 米国マサチューセッツ州、以下 EDB Corp))は本日、米国国防総省(DoD)がEDB Postgres Advanced Server セキュリティ技術導入ガイド(STIG)を公開したと発表します。セキュリティ技術導入ガイド(STIG) を備える最初のオープンソースデータベースとなります。DISA(アメリカ国防情報システム局)はEDBの協力のもと、国防総省の厳しいセキュリティ条件に対しEDB Postgresを査定。政府システムのセキュリティ条件を満たした上でのEDB Postgresの展開、構成方法を定義するガイドを開発しました。

国防総省に代わり、DISAが技術を査定し、セキュリティと導入基準を定めました。EDB Postgresの導入ガイド公開は、国防総省のセキュリティとコンプライアンス資料化に関する厳しい条件を満たした上で、政府情報センターの専門家がより迅速に、かつコスト効率良く、EDB Postgresを展開する助けになります。大規模な検証プロセスが強調するのは、どのようにEDB Postgresが暗号化を行い、ファイングレイン監査を可能とし、SQLインジェクション攻撃保護解決策であるEDB PostgresSQL /Protectなどを用いた攻撃を防ぐことができるかということにあります。全部で100以上のセキュリティ基準のルールがあります。STIGはここからダウンロードすることができます。
リンク

「政府機関は、迅速にコストを削減し、高価なプロプライエタリベンダーからシフトする機会としてEDB Postgresを見ています。特により多くのオープンソースを用いる公共政策イニシアチブに効果的です」と、EnterpriseDBの製品サービス上席副社長(Senior Vice President, Products and Services)であるMarc Linster博士は述べます。「EDBは引き続きセキュリティ強化と、成長する米国政府の顧客サポートに焦点を当てていきます。EDBがDISAと協働で最初の使用可能Postgres STIGを作成したのは、Postgresの安全な展開を促す政府プログラムを支援するためです。EDB Postgresにより、データベース管理者はオープンソースに加え、追加の拡張機能を用いることになります。EDBがより良いセキュリティ提供のため開発したものです。EDB Postgres Advanced Server STIGにより、彼らは、国防総省の方針や標準に完全に準拠した上で、はるかに速く展開することができるようになります。」

STIG公開は、増え続けるデータベースのコスト管理に悩む、既存と将来の双方の国防総省、その他米国政府機関に、EDBがより良いサポートを行う助けとなります。これらの機関は、伝統的なプロプライエタリソフトウェアに代わるオープンソースを探しており、EDB Postgresに大きな価値を見出しました。EDBは、陸軍、海軍、海兵隊、空軍などの米軍下位機関を含む150以上の民間と防衛の顧客にサービスを提供します。

国防総省セキュリティガイドはまた、世界中の他政府に、見本を提供する助けとなります。EDP Postgres使用においてオープンソース公共政策イニシアチブの重要度が増しているからです。EDBの政府事業は世界的に過去3年間で65%のCAGRを示しています。

STIGとNSAのガイドは、国防総省の情報保証(IA) およびIA-対応デバイス/システムの標準構成です。1998年以後、DISAは、STIGを提供することにより、国防総省のセキュリティシステムの、セキュリティ状態を向上させる上で、重要な役割を果たしてきました。STIGには、悪意のあるコンピュータ攻撃に対して脆弱であるかもしれない情報システム/ソフトウェアを”ロックダウン” する技術指導が含まれています。

EDB Postgres Enterpriseについて
EDB Postgres Enterpriseはオープンソースのデータベース管理システム (DBMS)で サブスクリプションでライセンスを提供しています。高性能パフォーマンス、セキュリティー、データベース管理者と開発者向け機能、Oracleとのデータベース互換性など、エンタープライズの特性を備えたEDBのオープンソース・データベースです。以下の機能も含まれています。
● マネージメント・スイート:データベース設定、管理、監視、警告、バックアップ実行、オペレーションのリカバリー、データベース利用可能管理に対応した、見やすいユーザー・インターフェース
● インテグレーション・スイート:エンタープライズ・データ管理環境とデータベースをインテグレートするデータ連携と分散型トランザクション管理機能
● マイグレーション・スイート:商用データベースからオープンソースのデータベースへアプリケーションを移行するためのツール
● 展開オプション:ベアメタル、ビジュアル、パブリック、プライベート・クラウド。
● サービスとサポート:週7日24時間サポート、専門サービス、リモート・データベース管理者サポート、訓練、認証

エンタープライズDBおよびEDB Postgres はエンタープライズDBの登録商標です。その他全ての会社または商品名は、それぞれの所有者の商標である可能性があります。

EnterpriseDB関連リンク
EnterpriseDBについてもっと詳しく知る:リンク
ブログを読む: リンク
Twitterでフォローする: リンク
Facebookでファンになる: リンク
弊社のGoogle+に参加する: リンク
LinkedInでコネクトする: リンク

【エンタープライズDB社について】
エンタープライズDBはPostgres関連ソフトウェアとサービスで世界のリーディング企業であり、ユーザは負担の大きな他社所有ソリューションへの過度の依存から解放され、データベース関連の費用を80%以上削減することができます。 PostgreSQLに関する高い性能を持ちながらセキュリティを強化し、グローバルな配備に適した洗練された管理用ツールを備え、Oracle互換性を持つエンタープライズDBのソフトウェアは、企業の基幹的アプリケーションならびにその他のアプリケーションの両方をサポートします。世界中で3,400以上の企業や政府機関などでEnterpriseDBのソフトウェア、サポート、トレーニング、プロフェッショナル・サービスを利用し、オープンソースのソフトウェアについて、自らの既存のデータインフラに統合しています。米マサチューセッツ州ベッドフォードに本拠があるEnterpriseDBは、戦略的な個人投資家たちによって支えられています。エンタープライズDB株式会社は、米国EnterpriseDB Corporationの日本法人です。


お問い合わせ先
エンタープライズDB株式会社 (リンク
お問い合わせは、こちらよりお問い合わせください。(リンク

TEL: 050-5532-7038
担当:伊藤

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。