logo

LINE NEWS、月間アクティブユーザー数が4,100万人を突破

LINE株式会社 2016年07月20日 16時38分 [ LINE株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

「スマートフォンで利用するニュースサービス」として、
「LINE」が10代では1位、20代では「Yahoo!」に肩を並べる




LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する「LINE NEWS」(「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を含む)の月間アクティブユーザー数(MAU)*1が2016年6月時点で4,100万人を突破いたしましたので、お知らせいたします。
*1:LINE NEWSアプリおよびLINE NEWSのWEBページへ月に1回以上アクセスしたユーザー数の合計。
[画像1: リンク ]


LINEでは、「LINE」の豊富なユーザー基盤・高いアクティブ率を背景にしたプラットフォーム戦略の一環として、ひと目で最新の話題やニュースが把握できる「やさしいニュース」というコンセプトのもと、2013年7月にスマートフォンニュースアプリとして「LINE NEWS」を公開。以降、「LINE NEWS」公式アカウント(LINE ID: @linenews )を通じて1日3回ダイジェスト形式でニュースを配信する「LINE NEWS DIGEST」、スマートフォン時代における雑誌の役割を担うサービスとして「LINE NEWS マガジン」、LINEの公式アカウントを使ったニュース配信機能を外部メディア向けに開放する「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を展開してまいりました。

「LINE NEWS」では、別アプリやブラウザを立ち上げることなく、日常的に利用するLINEアプリ上からプッシュ配信でニュースを受け取ることができる点や、イメージ画像とシンプルな記事タイトルで、話題のニュースを視覚的に把握できる点、「LINE NEWS」を含む全91メディア(自社メディア4社含む)から好みのメディアを選択し、無料で購読できる点などが評価され、ニュース・情報収集に積極的な層はもちろん、若年層を中心に幅広い層で利用を拡大してまいりました。

これらの取り組みの結果、「LINE NEWS」(「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を含む)の月間アクティブユーザー数(MAU)は、2016年6月時点で4,190万人を記録し、2013年7月のサービス公開から約3年で、国内有数のニュースサービスへと成長しています。

また、全国の13~69歳のスマートフォン(iPhone/Android)を所有するユーザー1,967名を対象に、2016年7月に実施した「第2回 世代間のニュースサービス利用に関する意識調査」においても、「スマートフォンで利用するニュースサービス」として、「LINE」の利用率が10代では1位、20代では「Yahoo!」に肩を並べる結果になるなど、若年層を中心に存在感を見せています。(調査結果の詳細については次頁を参照ください)

「LINE NEWS」では、国内最大級のスマートフォンニュースサービスを展開することを目指し、引き続き様々な取り組みを進めてまいります。

「第2回 世代間のニュースサービス利用に関する意識調査」結果

2016年2月に引き続き*、この度、全国の13~69歳のスマートフォン(iPhone/Android)を所有するユーザー1,967名に対し、「世代間のニュースサービス利用に関する意識調査」を実施いたしました。
*2016年2月に実施した意識調査結果はプレスリリースをご参照ください。リンク

■「スマートフォンで利用するニュースサービス」として、10代~50代において「LINE」の利用率が上昇傾向
「スマートフォンで利用するニュースサービス」を聞いたところ、「LINE」と回答した人の割合は、2016年2月時点と比較して全体で11ポイント、世代別では10代、20代でそれぞれ18ポイント、14ポイント、30~50代においても10ポイント近く増加しており、全世代でニュース閲覧時の「LINE」の利用率が上昇傾向にあることが分かりました。

<年代別利用率推移>
[画像2: リンク ]






■「スマートフォンで利用するニュースサービス」として、
「LINE」が10代で1位、20代では「Yahoo!」と肩を並べる結果に
他ニュースサービスとの比較では、全世代では45%と「Yahoo!」が最も利用率が高く、「LINE」が34%と続きました。世代別では、10代、20代においては「LINE」の利用率が「Yahoo!」を上回り、特にスマホネイティブと呼ばれる10代では他サービスと比較して「LINE」の利用率が圧倒的に高いことが分かりました。ニュース閲覧チャネルとして、コミュニケーションサービスと情報ポータルサービスが同列に並んでいた今年2月時点の結果と比較すると、特に若年層においてはコミュニケーションサービスを利用する傾向が強くなり、ニュース閲覧習慣に変化が生じていることがうかがえます。

<年代別利用率比較>
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]






【調査概要】
・調査名:第2回 世代間のニュースサービス利用に関する意識調査
・調査手法:スマートフォンアンケート(スマートアンサーモニター)
・調査対象者:全国13~69歳男女のスマートフォンユーザー(1,967サンプル)
・調査期間:2016年7月5日
※スマートフォンユーザーの性別×年代別人口構成比に合わせてウェイトバック集計を実施
―引用・転載時のクレジット表記のお願い
本調査結果の引用・転載時には、クレジット(「スマートアンサー調べ」)を明記いただけますようお願い申し上げます。


<参考>
[画像5: リンク ]


<概要>
■公式アカウント
アカウント名称:LINE NEWS
LINE ID: @linenews

■スマートフォンアプリ
アプリ名称:LINE NEWS
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2013年7月18日
価格:無料
開発・運営:LINE Corporation
公式サイト: リンク
ダウンロード:
App Store  リンク
Google Play  リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。