logo

「平成28年熊本地震」災害義援金寄付のご報告

ピクスタ 2016年07月20日 15時06分
From PR TIMES

~義援金の20%分の金額等を支援金としてPIXTAからも寄付~

写真・イラスト・動画素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」 ( リンク )を運営するピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣大介 以下、PIXTA)は、 熊本地震で被災された皆さまを支援するため4月21日から5月31日の間に募った義援金、および弊社からの支援金、合計307,961円を7月15日に中央共同募金会が運営する「赤い羽根共同募金」を通じて寄付いたしました。
ご協力いただきました皆さまには感謝申し上げると共に、ご報告申し上げます。

ピクスタでは、今後もPIXTA会員の「獲得クレジットシステム」を通じた継続的な義援金募集を受け付ける方針です。
被災地の皆さまの健康と、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

【寄付金額】  
 307,961円
 <内訳>
  ・2016年4月21日~2016年5月31日にPIXTA会員の「獲得クレジットシステム」を通じてお寄せいただいた
   義援金:179,967円
  ・ピクスタ株式会社からの支援金:127,994円(義援金の20%の金額と社内募金の合計額)

【寄付先】  
 赤い羽共同募金: リンク

【寄付日】  
 2016 年 7月 15 日


■PIXTAとは
「個人が生み出すオンリーワン」を支援したいという想いから、2005年8月に創業。誰もが参加できるフラットな投稿スタイルで、高品質・低価格な写真・イラスト・動画のストック素材をインターネット上で売買できるデジタル素材のマーケットプレイス「PIXTA」(ピクスタ)を2006年5月に開設しました。
販売価格は写真・イラストは1点540円~、動画は1点2,160円~のサイズ毎の一律価格で提供。 現在、日本国内最大のマイクロストックフォトサイト(低価格ストックフォトサイト)に成長し、「インターネットでフラットな世界をつくる」を理念に掲げ、2013年にシンガポールに子会社を設立し、アジア展開にも注力。2014年には定額制サービスを開始、2015年には東証マザーズに上場し、アジアNo.1のクリエイティブ・プラットフォームを目指しています。

◎ストックフォトとは
頻繁に使用されるシチュエーションであらかじめ撮影・制作された写真やイラスト、動画などのビジュアル素材のこと。撮りおろし・描きおろしに比べコストが低く、必要なときにすぐ使えるという利点から、広告や出版物、テレビ番組など、さまざまな用途に使用されています。

■ピクスタ株式会社/会社概要
◎ PIXTA
(日本語版)リンク
(英語版)リンク
(中国語簡体字版)リンク 
(中国語繁体字版)リンク
(タイ語版)リンク
*決済対応通貨:日本円、USドル、台湾ドル、タイバーツ、香港ドル、シンガポールドル

◎ 会社概要
社名:ピクスタ株式会社 (東証マザーズ:3416)
設立:2005年8月25日
資本金:309,391千円(2016年3月末時点)
代表取締役社長:古俣 大介
住所:東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル9F
TEL:03-5774-2692 FAX:03-5774-2695
URL:リンク
事業内容:デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」の運営
出張撮影マッチングサービス「fotowa」の運営
支店: 日商匹克斯塔圖庫股份有限公司台湾分公司(英文名:PIXTA INC. TAIWAN BRANCH)
子会社: PIXTA ASIA PTE. LTD.
PIXTA VIETNAM CO., LTD.


■ 取材に関するお問い合わせ
ピクスタ株式会社 担当:小林・森本
TEL:03-5774-2692 FAX:03-5774-2695
MAIL:pr@pixta.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事