logo

ベトナムEC市場に関する消費者調査〜都市部の67%がEC利用経験あり、一方でキャンセル経験率も3割

株式会社Asia Plus 2016年07月20日 11時00分
From ValuePress!

ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、18から39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人を対象に「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施しました。インターネット、スマートフォンの普及が著しく伸びるベトナムにて、オンラインショッピング市場の実態について調査したものです。

ベトナムの消費者リサーチサービス「Q&Me」を運営する株式会社Asia Plus(本社:世田谷区玉川、代表取締役:黒川賢吾)は、18から39歳のホーチミン・ハノイ在住のベトナム人を対象に「ベトナムのEC市場に関する消費者調査」を実施しました。インターネット、スマートフォンの普及が著しく伸びるベトナムにて、オンラインショッピング市場の実態について調査したものです。

トピックス
■  都心部在住者のECの利用経験率は67%、そのうち47%がFacebookでの商品購入の経験があり
■ スマートフォンからの注文が約半数とモバイルショッピング利用が急速に加速
■ 注文後のキャンセル経験者が35%
■ファッション商品が一番人気。次いでIT/携帯や調理器具/家電など


ECの利用経験率は67%、そのうち47%がFacebookでの購入経験有
都市部在住ベトナム人の67%が、ECの利用経験がある、と回答しました。この中で月に一度程度ECを利用するリピーターが34%含まれます。人気のサイトはLazada、HotDeal、Tikiなどですが、47%のEC利用者がFacebookサイトからの商品の購入経験があり、ベトナムでのFacebookを使った物品購入の人気の広まりを裏付ける結果となりました。


[資料: リンク ]


スマートフォンからの注文が約半数とモバイルショッピング利用が急速に加速
EC利用に使うデバイスとしては、スマートフォンが全体で48%を占め、ベトナムでの急速なモバイルショッピングの利用を裏付ける形となりました。スマートフォンの利用はブラウザ及びアプリケーションで、ほぼ半数ずつに分かれる結果となっております。

注文後のキャンセル経験者が35%
ECの利用が進む一方で、問題点として挙げられるのがキャンセル率の高さです。EC購入者の35%が商品のキャンセル経験がある実態が明らかになりました。キャンセルの理由としては、「商品に問題があった」「購入後に気が変わった」などが多数を占めています。ECの利用にあたって85%のユーザーが「配達時の現金代引き」による決済を行っていることから、商品受け取りまでにキャンセルが可能な環境となっている点は背景として考えられます。

[資料: リンク ]


ファッション商品が一番人気。次いでIT/携帯や調理器具/家電など
購入商品としては、ファッション、IT/携帯電話、調理器具/家電と続きます。女性の間では、ファッション、調理器具/家電、化粧品などが人気な一方で、男性にはIT機器、ファッションが人気となっています。

[資料: リンク ]


本リサーチに関する詳細データはリンクよりご覧いただけます。本件の連絡先はinfo@qandme.netまで

調査概要
2016年7月実施
調査方法:インターネット調査
調査対象:ホーチミン・ハノイ在住の18歳〜39歳の男女500名


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。