logo

日本初!学生向け「ITエンジニア就活特化」プログラミング学習コースを公開!

ギノ 2016年07月20日 11時30分
From PR TIMES

月600円で130本を超える学習動画が見放題!

エムアウトグループのギノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片山良平)は、IT/WEBエンジニアに特化したプログラミング就活サイト『paiza新卒(パイザ新卒)リンク』にて、「ITエンジニアとして就職を目指す学生」向けの就活対策学習コースとして「paiza learning就活パック リンク 」を2016年7月20日(水)より提供開始いたします。「paiza learning就活パック」では、月600円からの有料課金で130本を超える学習動画を自由に視聴いただけます。(毎月30動画以上を追加、2017年中に1,000本以上の動画を提供予定)



[画像1: リンク ]

「paiza learning就活パック リンク 」は、1本3分の動画、ブラウザ上でコードを書いて、その場で実行出来るオンラインプログラム実行環境、複数の練習問題によって構成されたオンライン・プログラミング学習サービス「paiza learning(パイザ・ラーニング) リンク 」内に新設される月額課金制の有料コースです。
今回公開される「paiza learning就活パック」は、企業からの「こんな開発スキル・知識を身につけている学生がほしい」という要望と、ITエンジニア志望の学生からの「就活を上手に進めるためにはどうしたらいいのか」という悩みに応えるための特別コース。単純なプログラミングスキルだけでなく、業界・キャリアに関する知識やWeb周辺の知識の習得、選考用ポートフォリオとなるサービス作成までを行える就職特化型の講座内容になっております。


「paiza learning就活パック」の特徴


1.ITエンジニア採用試験で問われるポイントを効率よく学習
paizaはITエンジニアを目指す学生約15,000人に会員登録いただいており、就職サポートを通して得られた採用/不採用理由を蓄積・分析しております。その分析結果をもとにITエンジニアを目指すうえで押さえておくべき業界やキャリアの話、技術面接や筆記試験等で出題される課題をカリキュラム化。幅広い知識を効率よく学習することができます。

2.動画レッスンで実際に手を動かしながら学習
動画を見るだけでなく、画面内に表示されている実行環境でコードを記述したり実行したりと、実際に手を動かしながらインフラの構築からデータベース・プログラミング作成といったWebシステム構築に必要な技術を学ぶことができます。動画視聴後には演習問題も用意されており、学びが定着しやすい構成になっています。

3.環境構築なしでポートフォリオ作成・保存が可能
ITエンジニア採用試験において、自身で制作した作品・サービスをポートフォリオとして持っていると企業への大きなアピールポイントとなります。一方で、学生の間ではポートフォリオを作成するのに環境構築が上手くできないという声をよく聞きます。
paiza就活パックでは環境構築からポートフォリオ作成の支援を行いますので、企業へのアピール材料を作ることができます。

■視聴可能講座(7/20公開時)
・アルゴリズム入門(7動画)
・AWS、LAMP入門(15動画)
・ITエンジニアのキャリア入門(6動画)
・PHP入門(48動画)
・Java入門(15動画)
・Ruby入門(15動画)
・Python入門(15動画)
・C言語入門(9動画)
合計130動画
[画像2: リンク ]

■今後の展開
今後も、ITエンジニアを目指すにあたって必要なスキル、知識にフォーカスし、8月以降も毎月約30動画の継続的な追加を行い、2017年中に1,000動画以上の提供を目指してまいります。具体的な追加学習コンテンツとしては、データベース/SQL、HTML/CSS、セキュリティ、Webサービス開発などの各種講座の拡充と、学習者が講座で開発したサービスの公開に必要なサーバ環境提供などを行っていく予定です。

[画像3: リンク ]

■就活パック開発の背景
IT/通信の最新求人倍率は2.74倍と全業種の中でトップ、調査開始以来の最高値を更新している状況です。(「DODA」2016/6/13発表資料より) paizaではこれまで数多くの就職支援をしてまいりましたが(※1)、こうした人材不足の中でも、ITエンジニア職の就職市場においては、プログラミングがある程度出来るにもかかわらずなかなか内定が出ないという例に数多く出くわします。
その要因としては、大学でプログラミングは教えていても、Webサービス開発や、セキュリティ、データベース等の技術を教えておらず、採用の現場で求められれるスキルとの乖離が大きい、という現状が挙げられます。
そこで今回、企業が新卒者に求めているもの大学教育でカバーできていないIT/Web関連知識領域及びスキルを効率よく身に付けられる「paiza learning 就活パック」を提供することといたしました。

(※1) 毎年約28,000人の学生が、ITエンジニアとして新規採用されていますが(出典:情報サービス産業白書2015,JISA)、paizaではすでにITエンジニアを目指す学生約15,000人(2017卒の学生5,000人)がpaizaに登録中で、これまで数多くの就職サポートを行ってまいりました。
[動画: リンク ]



■paiza動画ラーニングについて
近年、世界でも多くの国でプログラミング教育が早い段階から実施されるようになり、優秀なエンジニアを育てる基盤が整えられつつあります。日本国内でも小中学校などでIT教育の導入が始まりましたが、プログラミングを教える人材の不足等多くの課題があり、先進国の中では全体的に遅れをとっているのが現状です。
paiza登録会員累計74,000人(※2)の転職実績を調査すると、ランクの高いエンジニアほど内定率が高く、かつ高い年収を提示されています。IT業界で活躍する人材を増やしていくには、教育による高い技術の習得の支援が不可欠です。
paizaでは、プログラミング初学者を対象に2015年2月より動画学習コンテンツ「paiza動画ラーニング」を公開、PHPやRuby、Pythonなどの人気言語の入門講座を提供してまいりました。累計受講者数は2016年7月時点で30,000人を突破し、プログラミングスキル向上を目指す多くの方にご利用いただいております。
(※2)2016年6月時点のデータ
[画像4: リンク ]

また、初学者用に楽しみながらプログラミングを学べるサービスとして提供中のゲーム「コードガールこれくしょん( リンク )」では、プログラミング未経験者として登録いただいた会員のうち約12%がpaizaランクD以上(求人案件に応募可能なスキルレベル)を獲得しています。
ギノ株式会社では、今後も学生をはじめとしてプログラミングスキルを向上させたい方のためのコンテンツを継続的に提供してまいります。

【サービス概要】
■名称:
paiza learning就活パック
■対応言語:
PHP、Ruby、Python、Java、C言語
■対象者:
就職活動を行う学生を中心とした、ITエンジニアとして就業を希望しているすべての方
■利用料金:
月600円から(おためし1ヶ月無料等、割引あり)
■販売形態/決済方法:
オンライン上でのクレジットカード決済(日本円/未成年者については保護者同意のもと購入必要)
■サービス提供方法:
お支払い手続き完了後、インターネット通信によりお客様のPCブラウザへ随時提供。
■参考URL:
リンク


【運営会社の概要】
■社名: ギノ株式会社(リンク
■代表者: 代表取締役社長 片山 良平(かたやま りょうへい)
■本社所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山2-11-16 METLIFE青山ビル
■資本金: 8,000万円
■設立: 2012年2月13日
■許認可: 有料職業紹介事業許可13-ユ-305439
■株主: 株式会社エムアウト100%
※ギノは、新規事業の創出・育成を行うエムアウトから生まれた新規事業会社です。

【paizaについて】
ギノ株式会社では「日本のIT/Webエンジニアを世界レベルに引き上げる」ことをミッションに、IT/Webエンジニアに特化したプログラミング転職サイト「paiza」を展開中です。2016年1月にはプログラミングスキルチェック受験数が累計30万受験を突破!国内最大級のプログラミング転職サイトです。

【paiza開発の背景】
学歴や職歴ではなく、技術を評価できる社会へ。日本のITエンジニアを世界レベルに引き上げる。
これまで日本では、「ITゼネコン」に象徴されるよう、大規模プロジェクトをマネジメントできる「文系人」が評価され、末端のエンジニアは労働集約産業の中で、取替のきく部品のような扱いをされる傾向がありました。
しかし、昨今のWEBビジネスの拡大、ソーシャルメディアの発達、グローバル化で、取り巻く環境は大きく変化しつつあります。PDCAを回しながら、スピーディーにプロダクトを起ち上げることができるような、世界を意識した技術の高いエンジニアが非常に重要となってきています。
世界に通じるエンジニアを多く生み出すには、学歴や職歴ではなく、技術がある人が評価され、活躍できる社会が必要です。
『paiza』を起ち上げた背景には、エンジニアの技術を底上げし、高い技術力を持つエンジニアの待遇や社会的地位を向上させ、ひいては日本のソフトウェア産業全体の国際競争力を高める事につなげたいという思いが込められています。

【paizaの特徴】
「paiza」はオンライン上で「プログラミングスキルチェック」を受験することで、エンジニア自身がスキル強化のポイントを把握すると共に、求人企業が求めるスキル基準と効率的にマッチングができるというこれまでにないサービスを提供しています。
人材サービス業界での一般的な属人的なスタイルではなく、作成したプログラムをオンライン上で実行し、スキルレベルが可視化されるのが特徴です。
そのレベルに応じた、システムマッチングを行うことで、提供価格を安く抑えながらも高品質な人材採用を行っていただけるサービスを目指しています。

■URL: リンク
■利用料金: IT/WEBエンジニア:無料/求人企業:採用成果報酬
■対象言語: Java、C、C++、C#、PHP、Ruby、Python、Perl、JavaScript…14言語
■スキル判定: オンラインで作成したプログラムを実行し、スキルを判定(S~Eランクの6段階評価)
■利用のフロー:
【IT/WEBエンジニア】
(1)会員登録後、言語を選び、オンラインで「プログラミングスキルチェック」を受験。
(2)作成したプログラムをオンライン上で実行し、スキルレベルが判定される。
(3)自分のスキルランク以上の求人には、書類選考無しで面接に進むことが可能。
【求人企業】
(1)採用したいエンジニアのスキルランクを設定し、求人を登録。(登録は無料)
(2)スキルランクでスクリーニングされたエンジニアの中から、採用選考ができる。
(3)採用が決まったら、成果報酬で1採用につき年収の25~35%支払う。

【エムアウトについて】
起業のアーリーステージに特化し、「マーケットアウト」という理念にもとづいて、新規事業コンセプトとビジネスモデルの創出を「スタートアップファクトリー」という新しいスキームで実現するエムアウト。現在、ギノを含めユーザー視点で創出された3社を傘下に抱える。これまでも創出した複数の事業を上場企業等へM&AでExitした実績(学童保育のキッズベースキャンプを東急電鉄(東証一部9005)へ株式譲渡、訪問口腔ケアサービス支援のメディパスをNDソフトウェア(東証二部3794)へ株式譲渡 等)を持つ。
■社名: 株式会社エムアウト(リンク
■代表者: 代表取締役会長 田口 弘(たぐち ひろし)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事