logo

「ケーブル技術ショー2016」~パナソニックブースの展示概要とみどころ

パナソニック 2016年07月20日 10時10分
From PR TIMES



[画像: リンク ]



パナソニック システムネットワークス株式会社 システムソリューションズジャパンカンパニー(社長:片倉 達夫)は、「Amazing Evolution in Cable Technology ~パナソニックと創る放送と通信の融合サービス~」をテーマに、2016年7月28日(木)、29日(金)に東京国際フォーラムで開催されるケーブルコンベンション2016の関連イベント「ケーブル技術ショー2016」へ出展します。

同社は、デジタル化の導入期より培ってきた技術を活かし、ケーブル局の設備からSTBまで、業界をリードするソリューションを提案します。あわせて、社会インフラとしてのケーブル局のサービス事業をサポートする各種サービスもご紹介します。

◆「ケーブル技術ショー2016」 出展内容のご案内
<映像“超”進化ソリューション>
新製品の4K対応HDD内蔵STBに加え、8K ケーブル伝送を実現するソリューションを出展します。
・8K ケーブル伝送ソリューション(参考出品)
・4K対応HDD内蔵STB

<放送通信融合ソリューション>
放送と通信の融合によるポータルサービス、リモート視聴、Hybridcastを利用した動画配信サービス等、さまざまな選択肢をご用意します。
・ザッピングポータル
・リモート視聴
・Hybridcastを応用したスポーツ中継
・コミチャン見逃しVODシステム
・4K Hybridcast
・マインドマップによる視聴体験(参考出品)

<ケーブル局様向けソリューション>
加入者の視聴動向把握やSTBのリモート保守ができるSTBリモートクラウド等、ケーブル局のオペレーションへのお役立ちを提案します。
・STBリモートクラウド
・4K映像クリエイティブソリューション
・ケーブルテレビ局向けホームネットワークシステム

<STBラインアップ>
多彩なニーズにお応えするSTBをラインナップしています。

◆技術セミナーのご案内
■日時:2016年7月28日(木) 12:30 ~13:30
■場所:セミナー室 -2
■タイトル:放送通信連携がもたらす未来のケーブルソリューション
■講師:パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 STBネットワークビジネスユニット 技術総括 川島一郎 / 同ビジネスユニット 開発部 主幹技師 鈴木孝聡
■内容:ライフスタイルの多様化、世代間嗜好差の顕著化、数々の映像配信サービス(OTTサービス)の出現等、ケーブルテレビ事業はかつてない社会変化に直面しています。スマートテレビがOTTサービスに次々に対応して先進性をアピールする一方、ケーブルテレビにとっては加入者が求める地域情報のタイムリーな提供、「地域生活の質向上に役立つサービス」が今後ますます重要になってきます。本セミナーでは、放送通信連携サービスの未来について、Hybridcastをはじめとする双方向機能の「ケーブルテレビならではの具体的な適用事例案」を紹介すると共に、従来困難と考えられてきた「放送通信連携サービスの手軽で安価な実現」を可能とするパナソニックのワンストップ・サービスプラットフォームについてご提案します。

【ケーブル技術ショー2016 開催概要】
リンク
■会期:2016年7月28日(木)、 29日(金)
■会場:東京国際フォーラム
入場費:無料(事前入場登録制)
リンク
主催:(一社)日本CATV技術協会/(一社)日本ケーブルテレビ連盟/(一社)衛星放送協会
■パナソニックブース:展示ホール 小間番号66

【お問い合わせ先】
パナソニック システムお客様ご相談センター TEL:0120-878-410 (受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

<関連情報>
・パナソニック CATV関連商品
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。