logo

メルクがバーリントンに1億1500万ドルの多面的生命科学キャンパスの建設を開始

メルク 2016年07月20日 09時35分
From 共同通信PRワイヤー

メルクがバーリントンに1億1500万ドルの多面的生命科学キャンパスの建設を開始

AsiaNet 65107(0868)

【ダルムシュタット(ドイツ)2016年7月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*新キャンパスは顧客協力の最先端の研究施設を持ち、メルクの生命科学の主要ハブとしての機能を果たす

*28万平方フィートのLEED認証の建物には柔軟な作業空間と研究室が含まれる

サイエンスとテクノロジーの分野における世界有数の企業であるメルク(Merck)(リンク )は19日、米マサチューセッツ州バーリントンで同社の北米生命科学事業の主要ハブとなる新たなキャンパスを建設する計画を発表した。28万平方フィートのこの施設には顧客協力研究施設と訓練センター、それにオフィススペースが含まれる。

Video -
リンク

Photo - リンク

Photo - リンク


メルクの執行理事会メンバーでライフサイエンス(リンク )のCEOであるウディット・バトラ氏は「この新しくてより拡張的なメルクのキャンパスは、米国でユニークかつ多用途の生命科学のハブ、わが社の従業員と顧客に持続可能で協力的な作業環境を提供するハブをわれわれに与える。わが社はマサチューセッツで長い歴史を持ち、生命科学の世界的なリーダーとして、世界で最も重要な科学・技術のハブの1つにおいてプレゼンスを強化することに全力で取り組む」と語った。

このキャンパスは世界の一流顧客の訪問先としての機能を果たし、顧客サービス・コールセンターとM Lab(TM)コラボレーションセンターの両方を備えている。同コラボレーションセンターは、最も難しい生命科学の課題を解決するのを支援するため、同社の科学者とエンジニアが顧客とともに協力する最先端の共有かつ探究の環境にある。このM Labコラボレーションセンターは、特別に協力のために世界で設置される9つのセンターのうちの1つであり、実地訓練や顧客体験、アプリケーション・トラブルシューティングがnon-GMP環境で実施される。その他のセンターの所在地には、ブラジル、中国、フランス、シンガポール、韓国が含まれている。このマサチューセッツ州バーリントンの新たに強化されるM Lab(TM)センターは、同社のマサチューセッツ州ビレリカの施設にある主力のM Lab(TM)に代わるものとなる。

マサチューセッツ州のチャーリー・ベーカー知事は「ほぼ10年にわたってメルクはマサチューセッツに有意義なプレゼンスを構築してきた。マスワークス・インフラストラクチャー・プログラム(Massworks Infrastructure Progam)(リンク )を通じたバーリントンの拡大を大喜びでサポートする。永続的な公民提携の構築は経済の成長にとって不可欠であり、メルクのキャンパスは、有意義な投資と世界的な生命科学センターとしての将来をわれわれが共有することへの信頼を示すものである」と述べた。

ビレリカにいるメルクの850人のフルタイムの生命科学の従業員は2017年後半の建設完了時に新キャンパスに移転する。

1億1500万ドル(1億400万ユーロ)の建物はLEED認証のものになる。LEED(環境性能評価システム)評価システムはグリーンな建設で最も広く使われている第三者評価で、持続可能性、資源節約、人間の健康を推進する建物を認証する。

バーリントンのルート3とルート128に近い5階建てのシングルテナントの建物はThe Gutierrez Companyが建設する。プロジェクトにはさらに7万平方フィート増築する計画も含まれている。メルクはこの資産をリースする。

メルクは、ミズーリ州セントルイスにある他の北米生命科学ハブは維持する。

メルクの全てのニュースリリースはメルクのウェブサイトで発表されるのと同時にEメールで配信される。オンライン登録、選択の変更、サービスの停止はwww.merckgroup.com/subscribe へ。

▽メルクについて
メルク(Merck)はヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野における世界有数のサイエンスとテクノロジーの企業である。がんや多発性硬化症を治療するためのバイオ医薬品療法から、科学研究と生産に関する最先端システム、スマートフォンや液晶テレビ向けの液晶材料にいたるまで、約5万人の従業員が人々の暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指している。2015年、メルクは66カ国で128 億5000万ユーロの売上高を計上した。

メルクは1668年に創業された世界で最も歴史の長い医薬・化学品会社で、創業家が今でも、上場企業が率いるグループの株式の過半数を所有している。メルクの名称およびブランドのグローバルな権利は、メルクが保有している。唯一の例外は米国とカナダで、両国では EMDセローノ、ミリポアシグマ、EMDパフォーマンスマテリアルズとして事業を行っている。

ソース:Merck

▽問い合わせ先
Karen Tiano
+1 978 495 0093

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事