logo

共立女子大学家政学部の高橋ゼミが住友不動産と連携して分譲マンションの「キッズルーム」をデザイン

共立女子大学 2016年07月20日 08時05分
From Digital PR Platform

共立女子大学家政学部建築・デザイン学科の高橋ゼミ(高は「はしごだか」)はこのたび、住友不動産と連携して分譲マンションの「キッズルーム」をデザインした。これは、分譲マンションの中の「居場所」づくりを行ったもので、さまざまなシーンに対応出来る空間をコンセプトから提案した。


 女性活躍推進を国が進める中、従来は男性社会との認識が強い建築・不動産業界でも現場改善が進行している。こうした社会状況を受けて、同大は住友不動産株式会社と連携し、学生が建築に携わる仕事に直に触れる機会を創出し、働くことへの具体的なイメージを持ち、進路選択や必要なスキル修得を目指す活動を実施した。

 家政学部建築・デザイン学科の高橋大輔教授のゼミでは、子どもや高齢者、子育てママなどさまざまな人たちを対象とした「まちの居場所」をつくる活動を行っている。今回のプロジェクトは分譲マンションの中の「居場所」づくりを行ったもので、ママと子どもだけでなく、パパと子どもたち、学校帰りの子どもたちなど、さまざまなシーンに対応出来る空間を計画している。

▼本件に関する問い合わせ先
・共立女子学園 総合企画室 沢崎・大樂
 TEL: 03-3237-2838・2393
 E-mail: ysawazaki@kyoritsu-wu.ac.jp/ndairaku@kyoritsu-wu.ac.jp
・住友不動産株式会社 広報部 鈴木
 TEL: 03-3346-1042
 FAX: 03-3346-1412
 E-mail: suzuki.toshiya@sumitomo-rd.co.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。