logo

国際ベルックス賞の地域別入賞者10組が決まる!

ベルックス・グループ 2016年07月19日 18時44分
From 共同通信PRワイヤー

国際ベルックス賞の地域別入賞者10組が決まる!

AsiaNet 65141

コペンハーゲン(デンマーク)、2016年7月19日/PRニュースワイヤー/ --

今週初め、国際審査員団はコペンハーゲンにおける2日間の会合で、10件の素晴らしい自然光プロジェクトを地域別入賞者に選びました。国際ベルックス賞(The International VELUX award)2016は建築学生にエネルギー、光、生命の源としての自然光に対する見解を示すという課題を与えています。

10組の地域別入賞者は、自然光が建築にとっていかに重要か、また自然光がどのように空間を作り出すかということに関して、かなりの研究と理解のレベルを示していました。都市と人口が集中するコミュニティーにおけるクリエイティブな自然光ソリューションを統合し、自然や社会的相互作用に対する責任を明らかにしています。どのようにして目の不自由な人たちに自然光を感じさせることができるかということまで、さまざまな側面から研究しました。

国際ベルックス賞の責任者、ペア・アーノルド・アンデルセンは、「学生たちには自然光のあらゆる側面を実験し、見てもらいたいと考えていますが、彼らが好奇心、実験、モデリング、革新を通して自然光との新しい関係を実際に探求しているのには、毎回驚かされます」と述べました。

建物における自然光(Daylight in Buildings)の地域別入賞者5組は:
アフリカ:シェルターの明かり(Shelter.Light)、FataiOsundiji、Emmanuel Ayoloto(ナイジェリア)
南北アメリカ:駐車禁止…そこに光あれ(No parking..Let there be light)、Enzo Piero Vergara Vaccia(チリ)
アジア・オセアニア:光の再配分(REDISTRIBUTION OF LIGHT)、Kwang Hoon Lee、Hyuk Sung Kwon、Yu Min Park(韓国)
東ヨーロッパ・中東:光拡散窓(Light Scattering Window)、KamilGlowacki、Marta Sowinska、LukaszGaska(ポーランド)
西ヨーロッパ:コペンハーゲンのセレモニールーム(Ceremonial Room Copenhagen)、Eskild Pedersen(デンマーク)

自然光調査(Daylight Investigations)の地域別入賞者5組は:
アフリカ:光と影(Light and Shadow)、Ahmed Zorgui、Ala EddinNoumi(チュニジア)
南北アメリカ:自動ブラインド試験(Automated Blind Study)、Amir Nezamdoost、AlenMahic、MalakModaresnezhad(米国)
アジア・オセアニア:盲人にとっての光(Light for the blind)、Jiafeng Li、Chenlu Wang、Guiding Yao、Jiebei Yang、Lushan Ao、Xiaoqi Chen、Jiawen Li(中国)
東ヨーロッパ・中東:消せない光(A quenchless light)、Anna Andronova(ロシア)
西ヨーロッパ:ハンマースホイの文法(Hammershoi's Grammar)、Nicholas Shurey(デンマーク)

57か国から600点近いプロジェクトの応募があった本コンペでは、将来の世界的一流建築家たちが自然光をテーマにクリエイティブな探求を繰り広げました。建築学生の国際ベルックス賞(International VELUX Award for Students of Architecture)は、次に2016年11月18日、ベルリンの世界建築フェスティバル(World Architecture Festival)において彼らのプロジェクトを公開し、総合で2つの賞を競います。授賞式はiva.velux.comでライブストリームされます。

今週初めの審査員団会合
賞の審査員:オマー・ガンディー、クリスティン・マレー、ズビグネフ・レシュカ、フランチェスコ・ヴィーンストラ、ペア・アーノルド・アンデルセンは6月27日-28日、コペンハーゲンに集まり、57か国からの600件近い応募プロジェクトを審査し、2日目が終わるまでに10組の地域別入賞者で合意しました。

ベルックス・グループ(VELUX Group)のペア・アーノルド・アンデルセンは、「世界中の学生による自然光主体の研究には本当に刺激を受けました。この賞は学生に自然光について研究させる目的で作られているのですが、今年の応募は自然光の社会的、社会学的、環境的要因に対する深い洞察を示しています」と述べました。

明日の光(Light of Tomorrow)
国際ベルックス賞2016の全体テーマは、「明日の光」です。同賞は、主なエネルギー源および光源としての太陽光、自然光をどう利用するか、そして建物に住み、また働く人々の健康と幸せをどのように守るかを建築の学生に考えさせることを目的としています。

ベルックス・グループについて
ベルックス・グループは、屋根からの自然光と新鮮な空気の大部分を利用することで、75年に渡って世界中の人々のためにより良い生活環境を作り出しています。当社の製品プログラムには、ルーフウインドウや天窓をはじめ、遮光ブラインド、ロールシャッター、設置ソリューション、インテリジェントホームコントロールなど様々な関連製品があります。これらの製品は、仕事や学習、遊びや楽しみのために、健康的でサステナブルな室内環境を保証するものです。当社は、40か国以上で販売・製造を行い、世界中で約9500人を雇用し、世界的に事業を営んでいます。ベルックス・グループ は、財団と一族が完全所有する有限会社であるVKRホールディングA/S が所有しています。

詳細情報はリンク までご参照下さい。

ベルックス・メディアセンターの報道資料
当社のニュースビデオ・写真・報道資料は、ベルックス・メディアセンターリンクで閲覧、ダウンロードできます。ベルックスのニュースはリンク で購読できます。リンク およびリンクで当社をフォローしてください。

問合せ先
ベルックス・グループ
国際メディアへの広報窓口
Jens Bekkeディレクター
jens.bekke@velux.com
+45-21-55-07-89

ソース: ベルックス・グループ

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事